新年の初乗りにいかが?縁起の良い駅名10選

黄金、寿、希望…訪れると御利益があるかも

8)宝積寺駅、大金駅(JR烏山線)

宝積寺は、東北本線と烏山線の分岐点である。この駅を起点とする烏山線に乗って4つ目が大金駅であり、どちらも縁起の良い駅名として知られてきた。

JR烏山線大金駅の駅舎と大金神社=2014年3月(筆者撮影)

烏山線には宝積寺以外では7つの駅があるので、七福神をキャラクターとして各駅に割り当て、駅ごとに異なるイラストで利用者を楽しませてくれる。ちなみに大金駅は大黒さまが駅のキャラクターだ。駅に隣接して大金神社があり、手を合わせれば御利益があるかも。

宝積寺駅は駅舎が芸術的で木を多用した造りに圧倒される。新国立競技場の設計に関わっている隈研吾氏がデザインしたと聞けば、なるほどと納得するであろう。

9)寿駅(富士急行線)

そのものずばりの駅名。所在地は富士吉田市上暮地であり、かつては暮地(くれち)駅と言った。

富士急行線寿駅の駅名標(筆者撮影)

しかし、暮地は墓地と間違えて読まれることもあり、縁起でもないと思ったのか、1981年に地名とは関係なく寿駅と改名された。

富士急行は、寿駅の入場券を縁起物として大々的にPRしている。ただし、寿駅は無人駅のため、大月駅、富士山駅、河口湖駅など富士急行の有人駅での販売となっている。

10)ゆめが丘、希望ケ丘(相鉄いずみ野線、相鉄本線)

ゆめが丘駅は、1999年3月の相鉄いずみ野線いずみ中央―湘南台延伸開業と同時に生まれた比較的新しい駅である。高架駅周辺は田畑が広がり、開発はまだまだこれからであろう。明日への夢を抱かせる発展途上の駅なのだ。

相模鉄道のゆめが丘駅。近代的なデザインが目を引く(筆者撮影)
ゆめきぼ切符に付く「オリジナル絵馬」(画像:相模鉄道)

このゆめが丘駅から相鉄本線希望ヶ丘駅までの硬券乗車券は常時販売しているが、年末から3月にかけては、「ゆめ」や「希望」がかなうように受験生、就活生を応援することをメインに合格祈願のお守りとして「ゆめきぼ切符」を販売している(2018年度は2019年3月31日まで)。

期間中に「ゆめきぼ切符」を購入すると、相模鉄道キャラクター「そうにゃん」をデザインした「ピンズ」と「オリジナル絵馬」がセットでプレゼントされる。両駅には絵馬掛けを設置し、キャンペーン終了後は祈願成就のため、寒川神社にてお焚き上げをしてもらうとのことだ。

なお、ゆめが丘駅は、モダンなドームで覆われた秀逸なデザインの駅で関東の駅百選に認定されている。訪問する価値のある駅だと思う。

新たな年が良き年でありますように!

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
介護大全<br>お金、仕組み、施設を全検証

突然、訪れる親の介護にどう向き合えばよいか。3640人へのアンケートによる経験者の声を基に、介護の悩みや不安の解消策を考える。介護保険サービス利用の全容、4つのケースで試算した介護費用、老後の住まい徹底比較など、具体例を満載。