2年前発売の「AirPods」が売れ続けているワケ

クリスマス商戦で最も注目のアップル製品だ

また使い始める際、iPhoneの近くでAirPodsケースのフタを開けるだけでペアリングでき、それ以降は同じApple IDでログインしているiPad、Apple Watch、Macでもペアリング作業なしで利用できるようになる。特にiPhoneとのペアリングにおいて、こうした価値を両立している製品はまだ現れていない。そのことが、2年前の製品がそのまま売れ続けている理由と言えるだろう。

2016年にヘッドホン端子がなくなったiPhoneを登場させたことで、ワイヤレスオーディオをスマートフォンの必需品と設定し、新たな売り上げを作り出した。

ちょっと変?も成功の要因に

AirPodsは、これまでiPhoneに付属してきた白いヘッドホン、EarPodsからケーブルを切り外しただけのスタイルで発売された。

AirPods(左)とケーブル付きのヘッドホン(右)(筆者撮影)

発売された当初、日本では「耳からうどんが出ているよう」と揶揄されたこともあるほど、見慣れたヘッドホンにケーブルがないAirPodsに違和感を感じる人も多かった。しかしその違和感は、むしろAirPods認知の追い風になっていたかもしれない。

決算発表の場などでアップルCEOのティム・クック氏はAirPodsが好調であることを取り上げ、「iPod現象の再来」と指摘してきた。

iPodが広まった際、それまでイヤホンは黒が中心だったなか、iPodに付属するイヤホンを白としたことで、街で見かける白いヘッドホンがiPodの象徴となった。それと同様に、耳から少し飛び出す形の白いヘッドホンは、奇抜さと違和感から、街でユーザーがAirPodsを自然と広めてくれた。

Apple Watchと違い、AirPodsはAndroidスマートフォンやWindows PCでも利用することができる。しかしAirPodsのウリである「自分の複数のデバイスへのペアリングの簡単さ」という利便性を享受することはできない。そのため、AirPodsを使うためにはiPhoneを中心としたアップル製品が最適であり、AirPodsを使い始めたiPhoneユーザーは、ほかのプラットフォームへの乗り換えがしにくくなる。

次ページAirPodsは一石二鳥の効果を発揮する製品
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。