中国人がSNSで赤裸々に相談する悩みの中身

グループチャットの恥は掻き捨て?

SNSが生活の一部となっている中国人ならではの使い方があるようです(写真:stockcam/iStock)

久しぶりに旧知の30代の中国人女性、王霞さんに再会した。王さんは中国の会社で働いているが、数カ月前に転勤で東京にやってきたばかりだ。

居酒屋の席に座り、私が「久しぶりの東京暮らしはどうですか? 楽しい?」と話したところ、王さんは目を見開き、身を乗り出すようにして、こんなことを語り出した。

日本に住む中国人同士のグループチャットがすごい?

「私ね、今回の転勤で本当に驚いたんですよ!! 日本でもウィーチャットがこれほど普及しているなんて、思いもよらなかったんです。もちろん、日本人のことではありませんよ。日本に住む中国人同士のグループチャット! これがものすごいことになっていて!」

中国のウィーチャット(微信)は、海外に住む中国人も大多数が利用しているといわれ、日本人が中国人と仕事をする際も不可欠といわれる。匿名での登録が可能で、フェイスブックとツイッター、LINEを混ぜ合わせたようなものだ。

特徴的なのは、フェイスブックやLINEのグループよりも、もっとグループチャット(中国語では圏子や朋友圏という)を重視していて、それが頻繁に使われている、ということだ。

いったい何がそんなにすごいのか? 王さんは言う。

「友人の紹介で、ある在日中国人のママ友のグループに入れてもらいました。参加者は130人くらい。ここに、日々ありとあらゆる情報が書き込まれているのです」

「中国にも、もちろん無数のグループはありますけど、日本に住む中国人ならではのおもしろいチャットを見つけました。6年前に日本に住んでいた時には、まったく影も形も存在しなかったものなので、本当に驚いているんです」

それは、次のような内容だったという。

次ページ「ゆるいつながり」だからこそ書き込める
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
崖っぷちに立つ大塚家具<br>久美子社長ロングインタビュー

父と娘が繰り広げた「お家騒動」の末、業績は悪化の一途。人材流出も止まらない。ファンドからの出資を得たが、運転資金は風前の灯だ。背水の陣を敷く大塚久美子社長の胸中やいかに。4ページのインタビューで、その強固な「信念」が語られる。