年俸額でみたプロ野球「最強球団」はどこだ!

ソフトバンクが断トツ、「金満」巨人は2位に

意外に大きく増えることがなさそうなのが楽天。浅村選手だけで年間推定4億円強の負担増で、エンゼルスのブラッシュ選手も1億2000万円で獲得している。だが、2億円のペゲーロ選手が退団するほか、アマダー、ディクソンの2選手の退団で約1億円減り、大きく増える可能性は低い。

大きく負担が減りそうなのはオリックスだ。今シーズンまで中島宏之選手に4年契約で毎年3億5000万円、金子千尋(改め弌大)選手に4年契約で毎年5億円支払っていたが、両選手が退団する。1億2000万円の西勇輝選手も阪神に移籍し、この3人の退団で約10億円減る。

オリックスは以前、年俸総額の下位常連組だったが、2014年シーズンに最終戦までソフトバンクとリーグ優勝を争うほどの成績を残したためか、2014年オフに大型補強を実施。中島、金子両選手との高額契約はこのときのもので、他にも平野佳寿選手(3年9億円)、ブランコ選手(2年5億円)、糸井嘉男選手(単年度3億5000万円)など、一気に球界3位の高水準年俸球団に変貌したが、結果は出ずじまい。このオフで高級取りが全員いなくなり、年俸総額は2014年以前の水準に戻る可能性がある。

阪神は西勇輝を獲得

そのオリックスから西勇輝選手を獲得したのが、年俸ランキング3位の阪神だ。4年10億円なので1年あたり2億5000万円の負担増。一方、ロサリオ(3億4000万円)、ドリス(1億2500万円)、マテオ(1億9000万円)、モレノ(5700万円)の外国人4選手が自由契約になっており、この4人の退団が決まればそれだけで7億1200万円減る。

差引4億6200万円減ると、4位に落ちる可能性もあるが、今シーズンのロサリオしかりで、高額の外国人選手を積極的に呼んでくる球団なので、まだわからない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。