養豚業の「ブタの体重測定」をAIが変えるか

「儲からない、しんどい」を変えるデバイス

NTTテクノクロス株式会社 IoTイノベーション事業部 第一ビジネスユニットの冨田清次さん(左)と田中 久子さん(写真:Ledge.ai編集部)

農業や畜産業などの第一次産業の現場では就業人口の減少・高齢化が進み、社会問題となっています。養豚業も例外ではありません。

養豚業において、AIが解決する課題は「ブタの体重測定」です。ブタにデバイスをかざすだけで、AIが体重を推定、一頭あたり約3分かかる作業時間を約1分に軽減します。

本記事はLedge.ai(運営:レッジ)からの転載記事です。元記事はこちら

「ブタの体重測定? たった3分の作業?」と、本当にそれが課題なのか疑う方もいるかもしれませんが、体重管理が効率的な飼育と収益率アップのカギとなります。

ブタの体重推定サービス「デジタル目勘」開発の裏側をNTTテクノクロスのお二人に伺いました。

AI導入は課題ありき、深層学習をあえて使わない理由

さっそくブタの模型で「デジタル目勘」を実際に使わせていただきました。

専用の端末でブタを真上から撮影すると、ブタの体重が推定され、画面上に表示されます。それもたったの数秒で。

(写真:Ledge.ai編集部)

画像から、どのように立体物の重さを算出しているのでしょうか?

「体重推定には機械学習を使用しています。豚舎では電波が不安定なことも多いので、オフラインでの利用ができるよう、必要十分な技術で対応しました。

(写真:Ledge.ai編集部)

当初、ディープラーニングの導入も検討しましたが、膨大な演算処理が必要なため、機械学習を採用しています。

ディープラーニングを使わなくとも、機械学習と深度センサーの両方を用いることで、十分な精度の体重推定が実現しました。中の仕組みは企業秘密ですが……」(冨田さん)

やみくもに技術を投入するのではなく、畜産家の声にも耳を傾け、課題ありきのAI開発が徹底されています。

現場の課題に寄り添うのは、AI開発・導入において非常に重要な点であり、「デジタル目勘」はアナログな現場に先端テクノロジーが使われた好事例です。

次ページ従事者減少の救世主はAI?
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • ひとりの贅沢空間~週末に聴きたい名盤
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。