「高値づかみ」しがちな人が取るべき戦略

投資家が下落相場でも勝つ「1つの方法」

株式相場がもしあまり上昇しなかったら、どうすべきか。高値、安値は誰にも予想できないからこそ、できる投資方法がある(写真:tinnapong / PIXTA)

世界的になかなか難しい相場が続いています。大きく下がって多少は戻していますが、「これから暴落が起こる」などと予想する専門家もいます。株式や投資信託で資産運用している人にとって、気が気でない状況が続いていることは確かです。

毎月積立投資している人にとっては、値動きが激しいそんな波乱相場でも、それほど心配していないことでしょう。なぜなら毎月一定金額を買い続ける「ドルコスト平均法」で、分散投資をしているからです。ただ、「ドルコスト平均法」が最高の投資方法というわけではありません。それでも、ここから相場がさらに下がるのであれば、比較的有効な投資方法と考えていいでしょう。その理由を考えてみます。

積立投資が万能な投資方法ではない理由

一般的に、一括投資と積立投資、どちらが有利だと思いますか。実は、投資には絶対有利というものはありません。これらは単に買い方が異なるだけで、同じものに投資していれば買った後のリスクとリターンは、どちらも同じです。積み立てで買ったからといって、その後の展開が特別有利になるわけではないのです。ただ、買い付ける段階ではこの両者は明らかに差が出てきます。

これから相場が上昇する時であれば、当然、一括投資で買ったほうがいいでしょう。「ドルコスト平均法」は、高い時も安い時も一定の金額で買い続けることなので、上昇相場では取得コストが上がっていくからです。一方、下落相場の場合、取得コストは下がっていきますから、一括投資で買うより積立投資で買ったほうが、買値がどんどん下がっていくので有利になります。

したがって、どんな場合も「ドルコスト平均法」による積立投資のほうが有利なわけではありません。問題は「いつが高値で、いつが安値なのか」が、事前にはなかなかわからないことです。

次ページ積立投資はどのタイミングで始めるべきか
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。