プログラミング玩具にサンタが群がる事情

子どもが喜ぶクリスマスプレゼント最新動向

玩具業界はこうした最新技術とは切っても切れない関係にある。これまでも技術的なトレンドを取り込んできた。それでは、一般的な家庭では、いくらぐらいのクリスマスプレゼントを購入しているのだろうか。

バンダイが毎年行っている「こどもアンケート」の「今年のクリスマスに関する意識調査」によると、親が子どもに買うクリスマスプレゼントの平均額は7624円(2018年11月調査)で、中には2万円をこえるプレゼントを購入する家庭も増えている。

今回紹介したプログラミングやSTEMをテーマとした玩具は、プレゼント予算額の7000円半ばより高価な商品が多い。しかし、たんなる玩具としてだけでなく、勉強ができたり、今後必修化になるプログラミングまで学べたりするとあれば、多少高価であっても、親の財布の紐がゆるみやすくなる。

玩具はデジタルとアナログの二極化へ

今回はデジタルを活用した玩具を中心に紹介してきたが、決してアナログのおもちゃが衰退したわけではない。「人生ゲーム」や「野球盤3Dエース」などのテーブルゲーム、自分の手を使って作品を作り上げていく「メイキング」系玩具など、アナログゲームも依然として根強い人気を持つ。これは、紙の本と電子書籍の共存にも似た関係で、今後は二極化の傾向も強まっていきそうだ。

子どもや孫へのクリスマスプレゼント選びに困っている方は、「クリスマスおもちゃ見本市2018」で発表された、今年のクリスマス向けの玩具を選ぶ人気投票「おもちゃ屋が選んだクリスマスおもちゃ2018」を参照にしてほしい。

 

 
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • トクを積む習慣
  • 就職四季報プラスワン
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地方反撃 <br>「稼ぐ街」は何が違うのか

政府が地方創生を掲げてから4年半。地方の人口減は止まらず、地方経済は衰退している。地方創生には何が必要か?地域活性化に成功している街を徹底的に分析、再生のための具体的な処方箋を探る。自治体や街づくりの関係者にはアイデア満載の特集。