4000万円の家は「増税」でいくら高くなるか

ライフプランや税制優遇の見極めも重要だ

増税前と増税後、家はいつ買えばいいのでしょうか(写真:freeangle/PIXTA)

2019年10月から消費税が10%に引き上げられることになりました。家にも消費税がかかるとなれば、住宅購入を考えている人にとって増税はやはり気がかりですね。

いったい、いくらくらいの負担増になるのでしょうか。物件価格だけでなく諸費用や引越費用も含め、4000万円住宅を購入する例で考えてみましょう(下図)。建売住宅を購入する例でいえば、46万円ほど税負担が重くなる結果となりました。

物件価格は40万円アップ

「4000万円の物件なら、8%と10%の差2%分で80万円くらいなのでは?」と思う人もいますが、消費税がかかるのは物件価格のうち建物部分のみ。土地には消費税はかかりません。

土地分(マンションなら敷地権)2000万円+建物分2000万円とすると、消費税率8%の今なら160万円、10%になると200万円が物件価格に加わります。つまり、今と消費税率10%の差は、物件価格については40万円アップとなる計算です。

なお、中古住宅については個人が売り主となることが多いのですが、消費税は個人間売買には課税されないため、物件価格にそもそも消費税がかからないケースが多いことは覚えておきたいところです。

次ページ「家の買い時」を決める4つの視点
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT