4000万円の家は「増税」でいくら高くなるか

ライフプランや税制優遇の見極めも重要だ

増税前と増税後、家はいつ買えばいいのでしょうか(写真:freeangle/PIXTA)

2019年10月から消費税が10%に引き上げられることになりました。家にも消費税がかかるとなれば、住宅購入を考えている人にとって増税はやはり気がかりですね。

いったい、いくらくらいの負担増になるのでしょうか。物件価格だけでなく諸費用や引越費用も含め、4000万円住宅を購入する例で考えてみましょう(下図)。建売住宅を購入する例でいえば、46万円ほど税負担が重くなる結果となりました。

物件価格は40万円アップ

「4000万円の物件なら、8%と10%の差2%分で80万円くらいなのでは?」と思う人もいますが、消費税がかかるのは物件価格のうち建物部分のみ。土地には消費税はかかりません。

土地分(マンションなら敷地権)2000万円+建物分2000万円とすると、消費税率8%の今なら160万円、10%になると200万円が物件価格に加わります。つまり、今と消費税率10%の差は、物件価格については40万円アップとなる計算です。

なお、中古住宅については個人が売り主となることが多いのですが、消費税は個人間売買には課税されないため、物件価格にそもそも消費税がかからないケースが多いことは覚えておきたいところです。

次ページ「家の買い時」を決める4つの視点
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。