鉄道のきっぷに共通する「57.5ミリ」のひみつ

180年前のイギリスから受け継がれるサイズ

国鉄時代の切符。現在は薄い紙の磁気券が主流だが、横幅はずっと変わっていない(写真:alfataro / PIXTA)

最近は交通系ICカードの普及で切符を買う機会も少なくなっているが、「切符の大きさ」を気にしたことはあるだろうか。近距離の切符は小さく、遠くに行くときの特急券はそれより大きい。でも、どの鉄道会社でも基本的には同じサイズだ。

交通系ICカードも、SuicaやPASMO、ICOCAなど、相互利用可能な主要カードはどれも同じ大きさである。最近見掛ける機会が減った磁気カードの定期券やプリペイドカードなども、各社共通の大きさだ。

何らかの規格があるのだろうと想像はつくが、いまの切符や交通系カードの大きさは、どのようにして同じになったのだろうか。

切符のスタイルを生んだ男

鉄道発祥の国、イギリス。切符もこの国で生まれたが、最初から今のような形ではなかった。

1830年に本格的な鉄道が開業したときの切符は、発着駅のみが紙に印刷され、発車時刻や発売年月日、発行者のサインは手書きであった。すべて手書きのものもあった。1832年には真ちゅう製の円形金属乗車券も登場し、使用後に回収して再利用されたが、これは普及せず紙の手書き乗車券が使われ続けた。そのため時間がかかりクレームも多く、列車は遅れ、売り上げも正確に把握できなかった。

そこに現れたのが、トーマス・エドモンソン。イングランド北部を走るニューカッスル・アンド・カーライル鉄道のミルトン駅長だ。彼は駅の売り上げをチェックするのに苦労していた。小駅なので、当初は切符を発行していなかったのだ。

次ページ今も生き続ける「エドモンソン式」サイズ
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT