アップル、新型iPhone3機種の生産数を縮小

特に問題が大きいのが「iPhone XR」

 11月19日、ウォールストリート・ジャーナル紙は、米アップルが9月に発表した3種類の新型iPhoneについて、ここ数週間で生産の注文を減らしていると報じた。9月撮影(2018年 ロイター/Stephen Lam)

[19日 ロイター] - ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)紙は19日、米アップル<AAPL.O>が9月に発表した3種類の新型iPhoneについて、ここ数週間で生産の注文を減らしていると報じた。

複数の関係筋の話として伝えた。

新型iPhoneの需要が予想を下回っていることに加え、アップルが販売モデルの種類を増やしたことを受けて、必要となる部品や端末の数の予測が難しくなっているという。

特に問題が大きいのが「iPhone XR」で、アップルは、一部のサプライヤーに9月から来年2月にかけて7000万台近くの生産を要請していたが、この計画は最大3分の1縮小されるという。

同紙によると、アップルは先週も、一部のサライヤーに対し、iPhone XRの生産計画縮小を伝えたという。

同社は9月に「iPhone XS」「iPhone XS Max」を発売。10月に「iPhone XR」の販売を開始した。

アップルのコメントは取れていない。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。