アップル、新型iPhone3機種の生産数を縮小

特に問題が大きいのが「iPhone XR」

 11月19日、ウォールストリート・ジャーナル紙は、米アップルが9月に発表した3種類の新型iPhoneについて、ここ数週間で生産の注文を減らしていると報じた。9月撮影(2018年 ロイター/Stephen Lam)

[19日 ロイター] - ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)紙は19日、米アップル<AAPL.O>が9月に発表した3種類の新型iPhoneについて、ここ数週間で生産の注文を減らしていると報じた。

複数の関係筋の話として伝えた。

新型iPhoneの需要が予想を下回っていることに加え、アップルが販売モデルの種類を増やしたことを受けて、必要となる部品や端末の数の予測が難しくなっているという。

特に問題が大きいのが「iPhone XR」で、アップルは、一部のサプライヤーに9月から来年2月にかけて7000万台近くの生産を要請していたが、この計画は最大3分の1縮小されるという。

同紙によると、アップルは先週も、一部のサライヤーに対し、iPhone XRの生産計画縮小を伝えたという。

同社は9月に「iPhone XS」「iPhone XS Max」を発売。10月に「iPhone XR」の販売を開始した。

アップルのコメントは取れていない。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
  • 不妊治療のリアル
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT