アップル、新型iPhone3機種の生産数を縮小

特に問題が大きいのが「iPhone XR」

 11月19日、ウォールストリート・ジャーナル紙は、米アップルが9月に発表した3種類の新型iPhoneについて、ここ数週間で生産の注文を減らしていると報じた。9月撮影(2018年 ロイター/Stephen Lam)

[19日 ロイター] - ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)紙は19日、米アップル<AAPL.O>が9月に発表した3種類の新型iPhoneについて、ここ数週間で生産の注文を減らしていると報じた。

複数の関係筋の話として伝えた。

新型iPhoneの需要が予想を下回っていることに加え、アップルが販売モデルの種類を増やしたことを受けて、必要となる部品や端末の数の予測が難しくなっているという。

特に問題が大きいのが「iPhone XR」で、アップルは、一部のサプライヤーに9月から来年2月にかけて7000万台近くの生産を要請していたが、この計画は最大3分の1縮小されるという。

同紙によると、アップルは先週も、一部のサライヤーに対し、iPhone XRの生産計画縮小を伝えたという。

同社は9月に「iPhone XS」「iPhone XS Max」を発売。10月に「iPhone XR」の販売を開始した。

アップルのコメントは取れていない。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT