鳥貴族社長「値下げすることは絶対にない」

大倉社長を直撃!値上げ後苦戦の理由とは?

鳥貴族の新しいメニューブックには「国産100%」という文字が大きく載っている(撮影:吉濱篤志)

10月18日のメニュー改定で「メガハイボール」をグランドメニューに入れたし、その前の「とり釜飯」もそうだった。そのようなメニューをどう開発し、いかに原価率を上げないでやっていくかというのが1つだ。

加えて弊社の食材は国産100%だが、アンケート調査でうまく浸透できていないことがわかった。「国産国消」というキャッチコピーの認知度が低かったため、わかりやすくということで、10月18日からメニューブックの表紙に「鶏肉も!野菜も!食材は全て国産100%」というのを打ち出した。SNSも切り口を変えて、国産100%というのを伝えたい。

――今後、値下げする選択肢は?

絶対にしない。値下げして社員に対していい環境を作れるわけがない。その我慢が社員の待遇に影響する。おそらく、今、なかなか値上げできない他社は苦労していると思う。間違いなく人件費も高騰していくし、やはり労働環境をよくしていかないと人も集まらない。他社も本当はもっと適正な価格にしたいのではないか。

「期間限定の値下げもしない」

――賃金を上げたいというのが、いちばんだったのですか?

やはり上げていかなければならない。おそらく当社が価格改定後に好調が続けば、後に続いた外食企業もあっただろう。短期的に見ると確かに値上げできない。でも中長期で見ると今の外食は、適正価格にしていかなくてはいけない。

大倉忠司(おおくら・ただし)/1960年大阪生まれ。調理師専門学校卒業後、ホテル、飲食店勤務を経て1985年に「鳥貴族」1号店出店。1986年から社長、2009年に社名を鳥貴族に(撮影:吉濱篤志)

外食業界では価格を上げなければ従業員に還元できないのに、後追いになっている。アルバイトや社員を獲得するために賃金を上げざるをえず、経営が逼迫してきて値上げせざるをえなくなる。ここは勇気を持って値上げして、社員の労働環境の改善に使う。従業員が集まらなくなったら将来はない。顧客に集まってもらうだけではダメ。そもそも社員が幸せでなければ、お客様を幸せにできない。

経営者として社員がつらそうに働いているとか、離職率が高いとか、それほど悲しいことはない。われわれもまだまだだが、この会社に携わる顧客をはじめ、社員、ステークホルダーをどれだけ多く幸せにできるかが、企業経営の大きな目的だ。どのステークホルダーを不幸にしてしまっても会社は永続できない。

――今後、期間限定などでも値下げはしませんか?

しない。この価格改定に対して自分は大義を持っているからだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 地方創生のリアル
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。