新しいMacBookAirの最大特徴「薄さ」の魅力

使ってわかった「もっとも売れたMac」の進化

MacBook Airのパフォーマンスはマルチコアでも、MacBook Pro 13インチやiPad Proのシングルコア程度の処理性能だ。しかし、前作より3割高速なプロセッサーは、MacBook Airにとっては十分とも言える。

筆者は2011年モデルのMacBook Airを手に入れ、2017年まで使ってきた。フラッシュストレージによって故障しにくくなっており、原稿の執筆やプレゼンテーションの編集、音楽や動画の視聴などをこなしてきた。

もし仕事でのドキュメント作成や自宅でのネットサーフィン、あるいは高校の3年間、大学の4年間を通じて利用する場合、多くの人にとっては「十分な性能」をより長く提供してくれることになるはずだ。

ただし、もし長く使う前提であるならば、ストレージはより大きなサイズを選んでおくとよいだろう。

ひと工夫あるスリーブケース

最後に、MacBook Airの刷新に合わせて登場したアクセサリ、レザースリーブについて紹介しておこう。MacBook Proにも登場していたこのアクセサリは、2枚の革を縫い合わせて作られたシンプルなモノだが、裏側のゴムの足の部分は型押しされており、収まりがよくなるよう工夫されている。

レザースリーブケース2万800円。色はミッドナイトブルー(写真)、サドルブラウン、ブラックの3色展開(筆者撮影)

さらに、MacBook Proと同じ間隔のThunderbolt 3ポートがヒンジ側に移動されたため、ヒンジに近い1つのポートはスリーブに入れたまま充電を行うためのケーブルを差し込むことができるようになっていた。

細かいところではあるが、高い質感とシンプルなデザイン、そして小気味よい機能性は、MacBook Airを連れ出す際の楽しさを演出してくれるだろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ドンキの正体<br>次代の流通王か永遠の異端児か

かつての「ヤンキーのたまり場」ドン・キホーテが破竹の攻勢をかけている。総合スーパーへの居抜き出店などで品ぞろえも客層も拡大、海外出店も加速する。一方、不動産事業や深夜営業では非常識ぶりを温存。異端児の知られざる実態を解明する。