新しいMacBookAirの最大特徴「薄さ」の魅力

使ってわかった「もっとも売れたMac」の進化

MacBook Airのパフォーマンスはマルチコアでも、MacBook Pro 13インチやiPad Proのシングルコア程度の処理性能だ。しかし、前作より3割高速なプロセッサーは、MacBook Airにとっては十分とも言える。

筆者は2011年モデルのMacBook Airを手に入れ、2017年まで使ってきた。フラッシュストレージによって故障しにくくなっており、原稿の執筆やプレゼンテーションの編集、音楽や動画の視聴などをこなしてきた。

もし仕事でのドキュメント作成や自宅でのネットサーフィン、あるいは高校の3年間、大学の4年間を通じて利用する場合、多くの人にとっては「十分な性能」をより長く提供してくれることになるはずだ。

ただし、もし長く使う前提であるならば、ストレージはより大きなサイズを選んでおくとよいだろう。

ひと工夫あるスリーブケース

最後に、MacBook Airの刷新に合わせて登場したアクセサリ、レザースリーブについて紹介しておこう。MacBook Proにも登場していたこのアクセサリは、2枚の革を縫い合わせて作られたシンプルなモノだが、裏側のゴムの足の部分は型押しされており、収まりがよくなるよう工夫されている。

レザースリーブケース2万800円。色はミッドナイトブルー(写真)、サドルブラウン、ブラックの3色展開(筆者撮影)

さらに、MacBook Proと同じ間隔のThunderbolt 3ポートがヒンジ側に移動されたため、ヒンジに近い1つのポートはスリーブに入れたまま充電を行うためのケーブルを差し込むことができるようになっていた。

細かいところではあるが、高い質感とシンプルなデザイン、そして小気味よい機能性は、MacBook Airを連れ出す際の楽しさを演出してくれるだろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。