新しいMacBookAirの最大特徴「薄さ」の魅力

使ってわかった「もっとも売れたMac」の進化

一方、キーボードは、2015年のMacBook以来採用されている、非常に浅いバタフライキーボードが採用され、2018年のMacBook Proと同様の第3世代のメカニズムとなった。キーのメカニズム部分をシリコン膜で包むことで、ホコリによる不具合を軽減し、また静かなタイピング音を実現している。外で使う機会が多いMacBook Airにとって、極めて静かなキーボードは非常に相性がよい。

同じメカニズムながら、2018年モデルのMacBook Pro 13インチモデルと比べると、よりしっとりとした重ための打鍵感に感じた。

個人的には、さまざまなキーボードを好みで切り替えながら使っており、MacBook Airの浅いタッチも好みの1つだ。より疲れにくく、またスピードの向上につながるメリットを、慣れに応じて享受できるだろう。

オフィスで重宝されそうな「Touch ID」の採用

もう1点、これはオフィスユースで重宝されそうなのが、Touch IDの採用と、これを実現するT2チップの存在だ。

キーボードのいちばん右上に指紋センサーが備わっている(筆者撮影)

MacBook Airの新型キーボードいちばん右上に指紋センサーが備わっており、これをタッチすると瞬時にロック解除を行える仕組みだ。1分程度の離席でパスワードをかけてロックしても、パスワード入力の手間が省けるため、より積極的にロックがかけられる。

またT2チップによって、起動時のセキュリティチェックや、データを暗号化しながら格納する機能を備え、こちらもやはり、セキュリティ性能として大幅な強化と言える。

先述のスピーカーもT2チップによって制御されてサラウンドが生み出されており、アップルがデザインしたコプロセッサーは、明らかにMacBook Airの差別化要因となっていた。

MacBook Airは、7Wの第8世代Intel Core i5 1.6GHzが搭載された。かつてMacBook Airがメインストリームだった頃は、Core i7などより高速なプロセッサーのオプションを選択することもできた。しかし今回プロセッサーの選択肢は1つのみに限られており、よりパフォーマンスを求めるのであれば、その瞬間MacBook Proを選ばざるを得なくなる。

次ページ長く使う前提ならば、256GBを選択すべき
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 就職四季報プラスワン
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ZOZOに立ちはだかる<br>「ゾゾ離れ」より深刻な課題

盤石だったZOZOの収益基盤が揺らぎ始めた。常時割引の有料会員サービスで混乱を招いたが、さらに深刻な事態が。今年度の通期業績が上場後初の営業減益になる見通しとなったのだ。上場以来最大の正念場を乗り越えることができるか?