アゴーラ再建の勝算は?浅生CEOに聞く

ホテル再生の案件は多い、買収を続ける

――だが、アゴーラの宿泊事業セグメントはまだ赤字が続いている。

伊豆の2つの旅館のうち南山荘は夕食のない宿泊特化型の旅館として、現在は収支トントンまで改善している。今井荘は春先の河津桜見物と夏の海水浴シーズンに需要が集中する傾向があり、平準化させるための方法を考えている。2012年12月期の赤字は、買収した各ホテルのリニューアルによる一時閉鎖の影響が大きかった。

浅草はもともとビジネスホテルで週末の稼働率が低かったが、観光地近くの立地を生かして海外から集客し、稼働率の平準化が進み、単月では黒字になっている。守口も赤字幅は縮小しつつある。堺も、これから取り組みの効果が出てくると見ている。

画像を拡大
収支均衡してきた伊豆の南山荘

――2007年からマレーシアで霊園の開発・販売事業も行っているが、前期に約20億円の減損処理を行い、大幅営業赤字の原因となった。

これは、香港の親会社が行っていた事業だ。日本式の霊園事業を持ち込もうとして始めた。当初は高級路線で販売を進めたが、うまく行かず、現在は廉価な墓地にして、販売が伸びて利益率はよくなった。今期は第3四半期までの累計でセグメント利益も6000万円の黒字を計上している。今後20~25年ぐらい続く息の長い事業であり、粛々と進めていきたい。

再生を必要としている案件は全国にたくさんある

――今2013年12月期は、通期で売上高70億円、営業利益2.5億円の計画だが、第3四半期までで、5900万円の営業赤字だ。営業利益の達成はどうみても難しいのでは。

堺のホテルはアゴーラのホテルで最大規模だが、前期には3カ月しか業績に影響していない。これが通期寄与することが売上高急増の理由だ。また、これから年末にかけては、学会シーズンや忘年会シーズンであり、料飲部門の売り上げがピークを迎える。この経過を見てからでないと、損益は何とも言えない。8月に一度、業績の下方修正を行ったが、現時点では、何とか通期の宿泊事業のセグメントを黒字にして、計画の達成を目指したい。

――来期以降の計画は。

宿泊事業のセグメントはなんとしても黒字化し、増収増益としたい。繰り返しになるが、再生を必要としている旅館、ホテルは全国にたくさんあり、買収を続ける。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT