イオンが引き金、食品スーパー大再編へ号砲

地方小売りの提携・再編が相次ぐ理由とは?

会見の席で握手を交わすイオンの岡田元也社長(左)とフジの尾﨑英雄会長。普段から仲がいい(撮影:大澤 誠)

「業界再編の機運が一気に高まってきた」。北海道でシェアトップの食品スーパー・アークスの横山清社長はそう語る。

食品スーパー業界では近年、提携や再編が相次いでいる。ドラッグストアが食品を強化するなど新たな競合の台頭を背景に、今後も大型の合従連衡が進む可能性がある。その引き金となりそうなのがGMS(総合スーパー)最大手、イオンの提携戦略だ。

以前から交流があったイオンとフジ

10月12日、同社は中国・四国地方を地盤とするスーパー、フジとの資本提携を発表した。2019年2月末をメドにイオンがフジの株式を最大15%取得。フジもイオンの子会社、マックスバリュ西日本の株式をイオンから取得する。商品の共同調達など、さまざまな形の協業を模索する。

イオンとフジは、先代社長時代から業界団体を通じて交流があった。現任の岡田元也イオン社長と尾﨑英雄フジ会長も、歳が同じで「仲がいい」(業界関係者)。表向きは約2年前にイオンから提携を打診したとされるが、「実質的にはフジがイオンに助けを求めた」(同)という。

フジは財務体質が良好で、今2018年度の純利益が過去最高を更新する見込み。だが、地元の愛媛は人口が20年後に約2割減るとされ、需要の先細りが懸念される。加えて、中・四国には小粒ながら地元民に支持されている強いスーパーが複数ある。

次ページ今後の再編のカギを握るスーパーは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT