SUBARU、4—9月期の営業利益予想を下方修正

品質関連費用が重し、通期予想は11月5日公表

 10月23日、SUBARUは、2018年4─9月期の営業利益について、従来予想の1100億円から610億円に引き下げると発表した。写真はニューヨークで3月撮影(2018年 ロイター/Brendan McDermid)

[東京 23日 ロイター] - SUBARU<7270.T>は23日、2018年4─9月期の営業利益について、従来予想の1100億円から610億円に引き下げると発表した。前年同期は約2121億円。

為替影響などによる収益の改善はあるものの、品質関連費用の計上が重しとなる。経常利益も見直したほか、純利益予想は490億円(従来予想は791億円、前年同期は850億円)に修正した。

2019年3月期通期の連結業績予想は現在精査中で、11月5日予定の中間決算発表時に公表する、とした。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。