SUBARU、4—9月期の営業利益予想を下方修正

品質関連費用が重し、通期予想は11月5日公表

 10月23日、SUBARUは、2018年4─9月期の営業利益について、従来予想の1100億円から610億円に引き下げると発表した。写真はニューヨークで3月撮影(2018年 ロイター/Brendan McDermid)

[東京 23日 ロイター] - SUBARU<7270.T>は23日、2018年4─9月期の営業利益について、従来予想の1100億円から610億円に引き下げると発表した。前年同期は約2121億円。

為替影響などによる収益の改善はあるものの、品質関連費用の計上が重しとなる。経常利益も見直したほか、純利益予想は490億円(従来予想は791億円、前年同期は850億円)に修正した。

2019年3月期通期の連結業績予想は現在精査中で、11月5日予定の中間決算発表時に公表する、とした。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT