サウジの記者死亡確認、各国から批判相次ぐ

トランプ大統領も同調

 10月20日、サウジアラビア人の反政府記者ジャマル・カショギ氏がイスタンブールのサウジ総領事館(写真)訪問後に行方不明になっていた問題で、サウジ当局が同記者の死亡を確認したことを受け、欧州をはじめ各国から詳しい調査を求める批判の声が相次いでいる。21につぁつ栄(2018年 ロイター/Osman Orsal)

[エルコ(米ネバダ州)/イスタンブール 20日 ロイター] - サウジアラビア人の反政府記者ジャマル・カショギ氏がイスタンブールのサウジ総領事館訪問後に行方不明になっていた問題で、サウジ当局が同記者の死亡を確認したことを受け、欧州をはじめ各国から詳しい調査を求める批判の声が相次いでいる。

トランプ米大統領も各国に同調し、サウジにさらなる説明を求める意向を示した。

「答えを見つけるまで満足しない」

ドイツは説明が「不十分」だとし、各国からのサウジへの武器販売に疑問を呈した。またフランスと欧州連合(EU)は、総領事館訪問後にカショギ氏に何が起きたか解明するため徹底調査を求めた。

トランプ氏はネバダ州訪問の際に、カショギ氏死亡を巡りサウジの高官が解任されたことについて満足しているかとの質問に「答えを見つけるまで満足しない」と語った。サウジの発表を「重要な一歩」と評価した上で、真相を解明したい意向を示した。

また、米紙ワシントン・ポストのインタビューで「これまでに明らかにごまかしやうそがある」と指摘した。

次ページ多岐にわたるトランプ氏の発言
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT