「つながる家電」化は白モノ家電を救うのか

加速する家電のIoT化、その可能性と限界

日立製作所グループで家電事業を担当する日立アプライアンスは11月、「つながる洗濯機」を発売する(記者撮影)

あらゆるモノがインターネットにつながる――。家電の世界も例外ではない。大きな方向性としてはおそらくその通りだろう。しかし、現実はそれほど単純ではなさそうだ。

中堅エアコンメーカーの富士通ゼネラルは、10月19日から1カ月間のキャンペーンを始めた。同社製エアコンのユーザーに、無線LANアダプターを無料でプレゼントする。

同社は2014年度以降に日本で販売した約400機種のエアコンにネット対応機能を持たせてきた。今年7月からはグーグルのAIスピーカーなど、音声操作の対応も進めている。

「つなげる」ユーザーはわずか

しかし、ネットに接続するには別売りの無線LANアダプター約1万円と工事費用約1万円を負担する必要があり、実際に「つなぐ」ユーザーはわずかにとどまっている(数値などは非開示)。このため、「遠隔操作の利便性を実感していただきたい」(富士通ゼネラル)として、アダプターと工事費を負担し、「つながる家電」化を促そうとしている。

「つながる家電」化の”強迫観念”に駆られているのは富士通ゼネラルだけではない。エアコン世界トップ級で国内家庭用2位のダイキン工業は11月、ネット接続機能を標準搭載した最上位機種「うるさら7」を発売する。

ダイキンもネット対応のルームエアコンをそろえてきたが、やはり別売りのアダプターと工事が必要なため、ネット接続するユーザーは対応機種購入者の約4%にとどまっている。

次ページつながる家電のメリットは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT