「つながる家電」化は白モノ家電を救うのか

加速する家電のIoT化、その可能性と限界

日立製作所グループで家電事業を担当する日立アプライアンスは11月、「つながる洗濯機」を発売する(記者撮影)

あらゆるモノがインターネットにつながる――。家電の世界も例外ではない。大きな方向性としてはおそらくその通りだろう。しかし、現実はそれほど単純ではなさそうだ。

中堅エアコンメーカーの富士通ゼネラルは、10月19日から1カ月間のキャンペーンを始めた。同社製エアコンのユーザーに、無線LANアダプターを無料でプレゼントする。

同社は2014年度以降に日本で販売した約400機種のエアコンにネット対応機能を持たせてきた。今年7月からはグーグルのAIスピーカーなど、音声操作の対応も進めている。

「つなげる」ユーザーはわずか

しかし、ネットに接続するには別売りの無線LANアダプター約1万円と工事費用約1万円を負担する必要があり、実際に「つなぐ」ユーザーはわずかにとどまっている(数値などは非開示)。このため、「遠隔操作の利便性を実感していただきたい」(富士通ゼネラル)として、アダプターと工事費を負担し、「つながる家電」化を促そうとしている。

「つながる家電」化の”強迫観念”に駆られているのは富士通ゼネラルだけではない。エアコン世界トップ級で国内家庭用2位のダイキン工業は11月、ネット接続機能を標準搭載した最上位機種「うるさら7」を発売する。

ダイキンもネット対応のルームエアコンをそろえてきたが、やはり別売りのアダプターと工事が必要なため、ネット接続するユーザーは対応機種購入者の約4%にとどまっている。

次ページつながる家電のメリットは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • iPhoneの裏技
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進化し成長するクラウド市場<br>アメリカ3強が争う世界覇権

米国の巨人企業たちが今、しのぎを削るのがクラウド事業だ。先行したアマゾン ウェブ サービス(AWS)が過半のシェアを握るが、マイクロソフト、グーグルの猛追ぶりはすさまじい。導入が進む日本企業のクラウド活用事例も多数紹介。