JR東海が大人気イベントで「お詫び」のワケ

車両基地や工場を無料公開するメリットは?

毎年、JR東海が浜松工場で開催する「なるほど発見デー」には多くの鉄道ファンが押しかける(撮影:梅谷秀司)

10月14日は「鉄道の日」。旧暦明治5年9月12日に新橋―横浜間で日本初の鉄道が開業した。この日が新暦の10月14日に当たることから、旧国鉄時代より「鉄道記念日」としてイベント、および優秀職員表彰式などが行われていた。現在は鉄道の日として、国土交通省や全国の鉄道事業者が祝賀行事を開催している。

東洋経済オンライン「鉄道最前線」は、鉄道にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

近年は鉄道趣味が一般にも広まって、1年を通じて鉄道関係のイベントが開催されている。それでも鉄道の日を中心とした9月から11月までは鉄道イベントの開催件数が多い。

鉄道イベントは鉄道事業者と鉄道ファンが公式に交流する機会でもあるし、沿線の鉄道好きな子どもたちも楽しんでいる。エアートランポリンなど、鉄道以外の遊具が用意された、臨時遊園地のようなイベントもある。

JR東海が出した「お詫び」

来場者には楽しい鉄道イベントだが、催行する鉄道事業者には苦労も多いようだ。2018年9月18日、JR東海は公式サイトに「お詫び状」を掲載した。内容は、9月16日に同社が浜松工場で開催した「新幹線なるほど発見デー」についてのお詫びだった。工場内が混雑した、浜松駅と浜松工場を結ぶシャトルバスの乗車や、入場の待ち時間が長かった、その結果として入場できなかった人がいた等。周辺の住民にも迷惑をかけたという。お詫びは「今後の運営方法をしっかりと検証し、次回以降に活かしたい」と結んでいる。

このイベントは筆者も見物していた。東京から浜松工場へ直通する「浜工新幹線」に乗りたかったからだ。現地の様子を見ていると、確かに「ドクターイエロー車内見学」など定員制の体験コーナーは長蛇の列。試しに「新幹線運転台見学」に並んでみたら、整理券を受け取るだけで2時間以上も並んだ。午後になると、帰りのシャトルバスもタクシーも2~3時間待ち。バスツアーの来場者数も多く、観光バスは46台もあった。これだけ押し寄せれば周辺道路の利用者も困惑しただろう。

次ページ来場者が多かった理由は?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 埼玉のナゾ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
いま知っておきたい<br>天皇と日本史

「後醍醐天皇は超独裁者にして一流文化人」「光格天皇が朝廷の権威を高めたから維新が起きた」「昭和天皇は戦争指導に熱心だった」。有力学者による歴代天皇の研究で歴史を振り返りつつ、現代の天皇・皇室像を考える。