「愛がない結婚」をガマンし続ける"以外の道"

「10年後の離婚」を考える夫婦が目指すもの

彼らの結婚契約書の一部(著者撮影)

この家庭の結婚契約システム、「すごいな~! おもしろいな~! 確かにその方法なら馴れ合いの関係にはならないし、お互いに愛を維持することに努力するかも……」と感心はしたのだけど、じゃあ自分のうちでも取り入れるかとなるとそれはないな!と思った私。次の雇用が結ばれるかどうかドキドキしてる契約社員のようでかえってつかれそうで……(笑)。

でもこの夫婦は、もともとが2人とも愛情を重視しているし、自分たちの魅力に自信があるし、だからこそ実行できるし、彼らにとっては有効な方法なのだろうな、と私は思いました。万人にオススメできるスタイルではないと思います。

役割だけの関係になるのは、あまりにさびしい

ただ、日本人同士の夫婦でたまに聞く「夫はATM」「妻は家政婦」みたいな状態、または「夫婦でセックスなんてもうありえない!」とか「触られるのもイヤ!」とかいうセリフ……。

愛情で結婚したはずの夫婦がそんなふうになってしまうのは、あまりにも悲しい。ちゃんと家族としても機能し、かつ愛し合う者同士としても生活できるなら、それがベストにきまっています。Lさんの結婚観には、そうならないためのヒントがたくさん詰まっているような気がしました。

というわけで今回のまとめ。

マンネリな結婚生活につかれた

契約結婚形式を取り入れてみる!?

さて、みなさんは結婚にあたってお互いに約束したこと、結婚生活をマンネリにしないために気をつけていることなどはありますか?よかったらぜひコメント欄で教えてください!

この連載のサブ・コミュニティ「バル・ハラユキ」がオープンしました。ハラユキさんと夫婦の問題について語り合ってみませんか? 詳細はこちらから。
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。