株価は2019年半ばにかけて大きく下落する

日経平均は当初予想より早く天井をつけた?

(1)現在のアメリカ経済は、小売売上高や鉱工業生産の増勢に示されているように、内需・非製造業も、輸出・製造業も好調だ。この好調な経済に、今年初から、法人減税が上乗せされている。この「強すぎる景気」の反動が2019年に生じても、おかしくはない。

(2)足元の強い景気に対応するため、米連銀は利上げを進めてきたし、今後もさらに進めるだろう。

金利敏感セクター(主に借り入れによる購入に頼っている産業分野)では、自動車販売も、住宅着工も、変調ともみられる動きを示し始めている。こうした怪しげな動きは、まだ本格化していないが、先行きさらに悪化の様相が強まる恐れがある。

(3)アメリカのトランプ政権の対中関税引き上げなど、保護主義的な動きは主として7~9月から実施されているが、その悪影響が、(足元7~9月期のアメリカ企業の決算ではなく)先行きになって、本格的にアメリカ経済や企業収益に影を落とすと予想する。

下落基調入り前の上昇局面か

アメリカ株価の企業収益に対するバリュエーション(割高か割安かの評価)は、前述のように足元は決して割高ではない。しかし、企業収益の増益基調が減益へと暗転する情勢となれば、PER水準が一定でも、妥当な株価水準は低下し続けることとなる。

一方、日本株は、予想PERでみると、むしろかなり割安だ。これが目先の株価反発を支えようが、来年央にかけて、本格的にアメリカ経済が悪化すれば、日本企業の収益実態も悪化へ向かう恐れが強まる。加えて、アメリカの景気後退を受けて、米株価が下落し米ドルも対円で下落(円高)となれば、日本株が高値を維持することはかなり難しいだろう。

こうした大きな流れのなかで、今週の日本株は、来年央に向けての株価下落基調入り前の、いったんの株価上昇局面だと位置づけたい。ただし先週までの株価の急変で、投資家のポジションも心理も傷んでおり、下値不安が残る。その一方で、アルゴリズム取引で短期的に売った筋が、やはり短期的に買い戻しを行なう展開も想定される。したがって、日経平均の動きはかなり上下に荒くなるだろう。今週の日経平均のレンジとしては、幅広いが2万2300~2万3300円を予想する。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。