保育園「死亡事故発生率」が示す不都合な真実

午睡中の乳児死亡事故は防げなかったのか?

実は、同園は以前から死亡事故予防に関して問題を指摘されていた。東京都福祉保健局は今年1月12日、立ち入り調査を行い、乳幼児突然死症候群の予防への配慮が不足しているとして、同園に対して「文書による指摘」を出していたのだ。

同局の担当者によると、同園は3月20日に「改善状況報告書」を提出し、受理した同局は「是正済」とした。しかし、同園に対する立ち入り再調査はその後行っていない。そこへ今回の事故が起きたのだ。

内閣府子ども・子育て本部によると、2008年から2017年までの10年間で、累計139人もの子どもの命が保育施設での事故により失われ、毎年14人近くが亡くなっていることになる。

認可と認可外の間に大きな差

内訳をみると、認可保育園で41人死亡したのに対し、認可外保育園では93人が死亡と、認可外は認可より事故数が2倍程度多い(その他の5人は、幼保連携型認定こども園や小規模保育事業などの施設で死亡)。

さらに、保育施設で直近3年に起きた死亡事故数を調べると、認可外は認可よりも死亡事故が発生するリスクが2〜7倍高いことがわかる。

2017年の事故死者数は、認可2人、認可外4人、その他2人(幼保連携型認定こども園、病児保育事業)の合計8人だった。

施設数を母数とする死亡事故発生率は、認可が0.00854%(2人死亡/2万3410施設)に対し、認可外は0.03483%(4人死亡/1万1484施設=事業所内施設含む)となる。つまり、認可外のほうが4.0倍高いリスクがある。この計算式でみると、認可外は認可に対し、2016年は2.9倍、2015年は7.3倍、死亡事故が発生するリスクが高かった。

むろん、認可外でも質の高い保育を提供している施設はある。とはいえ、認可と認可外の大きな差は見過ごせない。

次ページリスク軽減策をとってほしい
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 地方創生のリアル
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。