ノーベル経済学賞はアメリカの2教授が受賞

ノードハウス氏とローマー氏

[ストックホルム 8日 ロイター] - スウェーデンの王立科学アカデミーは8日、2018年のノーベル経済学賞を、米エール大教授のウィリアム・ノードハウス氏と米ニューヨーク大教授のポール・ローマー氏に授与すると発表した。

王立科学アカデミーは、ノードハウス氏について、経済と気候変動の相互作用を示す定量的モデルを始めて構築したと説明。

ローマー氏については、企業が新たなアイディアや革新を生もうとする意思に経済がどのように影響を与えるかを研究し、内生的成長理論とよばれる新たな発展モデルの基礎を築いたとした。

アカデミーは声明で「両氏の研究は、市場経済がどのように自然や知識と相互作用するかを説明するモデルを構築し、経済分析という分野を大きく広げた」と述べた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 住みよさランキング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT