ノーベル経済学賞はアメリカの2教授が受賞

ノードハウス氏とローマー氏

[ストックホルム 8日 ロイター] - スウェーデンの王立科学アカデミーは8日、2018年のノーベル経済学賞を、米エール大教授のウィリアム・ノードハウス氏と米ニューヨーク大教授のポール・ローマー氏に授与すると発表した。

王立科学アカデミーは、ノードハウス氏について、経済と気候変動の相互作用を示す定量的モデルを始めて構築したと説明。

ローマー氏については、企業が新たなアイディアや革新を生もうとする意思に経済がどのように影響を与えるかを研究し、内生的成長理論とよばれる新たな発展モデルの基礎を築いたとした。

アカデミーは声明で「両氏の研究は、市場経済がどのように自然や知識と相互作用するかを説明するモデルを構築し、経済分析という分野を大きく広げた」と述べた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT