巨大な「iPhone型墓石」が登場したワケ

アップル勤務の女性をしのんで

 9月3日、ロシア連邦中央部にあるバシコルトスタン共和国の首都ウファで、若い女性の墓に巨大なiPhone(アイフォーン)の形をした墓石が建てられ、話題となっている。(2018年 ロイター)

[ウファ(ロシア) 3日 ロイター] - ロシア連邦中央部にあるバシコルトスタン共和国の首都ウファで、若い女性の墓に巨大なiPhone(アイフォーン)の形をした墓石が建てられ、話題となっている。

墓石には、液晶に当たる部分に故人の画像が彫られ、側面には電源などのボタンを再現。裏にはアップルのロゴもある。現地紙によると、土台部分のQRコードをスキャンすれば、故人にささげられたものと思われる短い詩を掲載したサイトに誘導される。

報道によれば、故人は同国にあるアップルの小売・サービス店で働いていたという。

墓石は花崗岩で、費用は10万ルーブル(約17万3000円)程度とみられる。ロシアでは、新型アイフォーンのうち最も大きい「XSマックス」が同じくらいの9万6000ルーブルとなっている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ戦争を読み解く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。