脱ボランティア!ビジネスに"昇格"する秘訣

初心者から人気店を作った、20代女子たち

事業が始まって、1年弱。昨年(2012年)の10月に初めての単月黒字に。

僕が好き勝手にウロウロし、三陸フィッシャーマンズプロジェクトが立ち上がり、仲良くなった漁師さんのモノを石巻元気商店の彼女たちと協力して売り始めたのもその頃のことだ。

大阪府出身で、商品の受発注やお客様対応を担当するゆきちゃんという、これまた20代の子が加わり、オペレーションも安定してきたことも大きい。

その後の年末商戦もいい感じで売れて、翌年3月に伝説的な売り上げを記録した。今までのこつこつ積み上げてきた努力の成果が爆発して、数字となって表れていった。

年齢、性別、学歴、どれも関係ない!

石巻元気商店の主要メンバーは、全員20代だ。

若い連中がガムシャラに頑張り、ぐんぐん吸収して成長していったから、とりあえずここまでこれた、というのもあるかもしれない。

女子3人になってパワーアップ

最近は、ちょっと踊り場的になってきたため、一時期、担当を外れていた僕が、彼女たちの監督役っぽいことをすることとして、プロジェクトに戻ることになった。

まだまだ安泰というわけでもなく、はっきり言って油断するとすぐ売り上げもオペレーションも不安定になる。だから、ときおり「スパルタ会議」を開いてがっつり作戦を練ったり、ときには「コラ!」としかったりもしている。

でも、実はこいつらすごいな、といつも思っている。20歳で被災地に飛び込んで、数カ月間テントで暮らして、地元の人たちのために活動したり、急に地元のために覚悟を決めて寝るのも惜しんで働いたりするのって、なかなかできないこと。

と同時に、ちょっと前まで“いまどきの若者”だった彼女たちだってこれほど成長できるのだから、年齢性別・学歴関係なく、誰でも思いを持って飛び込めば、同じようなことができるんじゃないか、とも思う。

彼女たちの頑張りが生んだ事例が、ヤフー社内でも「成功事例」として語られ始めている。先日発表されたヤフーの「eコマース革命」が目指す世界の事例とも言える。こうした事例を、もっともっと増やしたい。

そのためには、彼女たちにはまだまだ一緒に可能性を追求してもらわないといけないし、継続してもらわないといけない。

彼女たちに弟子ができて、のれん分けしたり、生産者さんたちが彼女たちから独立してeコマースを始めたり。そうなったら、いったんはおいしい酒、飲めますかねぇ。

(構成:渡部由美子)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT