食べログ評価「高速道路の飲食店」ランキング

3.50点以上は全国に16店、平均点は「3.06」

『星の王子さま』の世界観が体験できる「寄居 星の王子さまPA」(写真:riri / PIXTA)

秋の行楽シーズンが到来した。今回は、高速道路のサービスエリア(SA)・パーキングエリア(PA)にある飲食店を食べログで分析してみよう。

高速道路の休憩施設は、サービスエリア(SA)とパーキングエリア(PA)の2つの形態に分かれている。SAは休憩所、駐車場、トイレに加えて、レストランや売店、そして給油所なども備わっている比較的規模の大きい施設を指す。一方、PAは駐車場とトイレがあり、またそのほかに売店がある比較的小さい施設を指す。

SA・PAは、「デパ地下」や「駅ナカ」(駅の構内にある商業施設)と並んで、「道ナカ」(高速道路のSA、PAに併設された大規模な商業施設)といわれることもある。

2005年の民営化で再開発が進んだ

2005年に日本道路公団が民営化する前は、SAやPAにある飲食施設はお世辞にもおいしいとはいえなかった。茹でてある麺を湯がく立ち食い蕎麦とうどん、業務用スープで作られたラーメン、串付きのフランクフルト・ソーセージをホット・プレートで焼く軽食が中心であった。またトイレ施設は老朽化しており、経過年数がたち便器からはアンモニア臭が漂っていた。

公団が民営化する際に経営効率の向上が至上命題となり、高速道路の管理運営や建設だけでなく施設サービス業にも事業進出する発想の転換が生まれ、稼ぐためのSAとPAの立地産業の再開発がなされるようになった。

その結果、SAでは3.50点以上は7店あり、平均点が3.07点、中央値が3.06点だった。またPAでは3.50点以上は9店あり、平均点が3.06点、中央値が3.03点だった。

前回の記事「道の駅」では、3.50点以上は8店、平均点が3.06点だったが、それに比べ高水準となっている。

次ページメディアでも知られていないところがほとんど
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT