「道の駅」の食べログ評価はなぜ低いのか

全国に1000以上ある道の駅を徹底調査

「道の駅」発足から25年、明暗は分かれつつある(写真:よしだやすお/PIXTA)

夏休みも終盤。帰省や旅行で「道の駅」を訪れた読者も多いのではないだろうか。「道の駅」とは全国に1145駅(2018年4月現在)ある一般道路に設けられた駐車場付きの休憩施設のことだ。道の駅が最初にできたのは今から25年前。1993年4月に全国103箇所で一斉にオープンした。

都道府県別に駅数をみると、最多の北海道は122駅。北海道に道の駅が多いのは、都市間の移動距離が長いことも影響しているとみられる。そして大きく引き離されて2位以下に岐阜、長野が続く。

東京都には1駅だけ

なお、東京都の道の駅はたった1駅、八王子に10年以上前の2007年4月できた駅のみだ。コンビニやスーパーが多く存在し「道の駅」に近い役割を担っているため、必要性がないのかもしれない。

そして、この東京都に道の駅ができたことで、いまや47都道府県すべてに道の駅が設置されている。

次ページ「道の駅」設置の3つの条件とは?
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • なにわ社長の会社の磨き方
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。