10月英消費者物価指数、予想以上の鈍化

中銀への利上げ圧力緩和

11月12日、英国立統計局が発表した10月の消費者物価指数は市場予想を下回った。写真はロンドン中心街で8月撮影(2013年 ロイター/Toby Melville)

[ロンドン 12日 ロイター] - 英国立統計局が発表した10月の消費者物価指数(CPI)は、前年比2.2%の上昇と、市場予想の2.5%上昇を下回った。イングランド銀行(英中央銀行)に対する利上げ圧力を緩和する内容となった。

CPI上昇率は2012年9月以来の低水準。燃料価格やその他の輸送コストの低下などが要因となった。

CPIは前月比では0.1%上昇。予想は0.3%上昇だった。

英中銀は13日に新たなインフレ報告を発表する。

キャピタル・エコノミクスのアナリスト、マーティン・ベック氏は「10月のインフレ指標は、英経済の成長加速とインフレ低下を示す内容」と指摘。「最近発表されたエネルギー価格の大幅引き上げの影響が出始めることから、インフレは11月にやや上向く可能性があるものの、実質的な物価圧力は引き続き抑制される見通しだ」と指摘した。

CPIデータを受けてポンドは対ドルで2カ月ぶりの安値をつけたが、英国債価格は上昇に転じた。インフレが高水準にとどまり、英中銀への利上げ圧力が強まるとの懸念が後退した。

この日発表された10月の生産者物価指数(PPI)上昇率は前年比0.8%と2009年10月以来の低水準となった。市場予想は1.0%だった。

一方、英住宅価格は3.8%上昇した。

*内容を追加して再送します。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT