NZ首相、生後3カ月の実子を伴い国連会合へ

娘ニーブ・ゲイフォードちゃんを同伴

 9月24日、ニュージーランドのアーダーン首相(38)が、6月に生まれた生後3カ月の娘ニーブ・ゲイフォードちゃんを同伴し、国連総会の「ネルソン・マンデラ平和サミット」に出席・演説した(2018年 ロイター/Carlo Allegri)

[国連 24日 ロイター] - ニュージーランドのアーダーン首相(38)が24日、6月に生まれた生後3カ月の娘ニーブ・ゲイフォードちゃんを同伴し、国連総会の「ネルソン・マンデラ平和サミット」に出席・演説した。

育児を受け持つパートナーのクラーク・ゲイフォードさんは、首相の演説中ニーブちゃんを抱いてニュージーランド代表団とともに会場に着席していた。

ゲイフォードさんは24日、ニュージーランドの「ファーストベビー」と書かれた国連年次総会用セキュリティパスの写真をツイッターに投稿。「国連の会議室でオムツを替えていたとき、偶然入ってきた日本代表の驚いた表情も撮影できれば良かった」と書き添えた。

国連のデュジャリック報道官は、国連総会会場にニーブちゃんを喜んで受け入れると表明。「世界の首脳のうち女性はわずか5%。われわれは、その人たちをできるだけ歓迎しなければならない」と述べた。

関連記事
トピックボードAD
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブルー・オーシャン教育戦略
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。