「英文法の誤り」と「知的レベル」の密接な関係

トランプ大統領の英語も間違いだらけ

このように、「規範文法=中産階級=社会的に有用=品行方正」という構図が英語圏では200年前に出来上がり、今日まで続く。ここに英語の「ら抜き言葉」の恐ろしさがある。

イギリス・オックスフォード大学の社会言語学者デボラ・キャメロンは、これを「言葉の衛生」と名付けた。規範文法違反に対する反感は、不潔なものに対する生理的嫌悪感と同じという意味である。

かくして、現代の英米社会では、規範文法と能力や道徳を結び付ける言説があちこちに現れる。かつてイギリスでフーリガン(サッカーの暴力的ファン)が問題になったとき、ある大物政治家は「文法を教えないからああなる」と言い放った。

英語圏ではネイティブスピーカー用の「規範文法」というのはひとつの出版ジャンルで、ある本には「単純な文法間違いをすると実際よりも知的に劣ると見られ、友情や仕事にも影響しうる」との脅しまで登場する。

アメリカでは歴代大統領が犯した「文法間違い」のあら捜しも定番である。試しにTrump(ドナルド・トランプ大統領)とgrammar(文法)でネット検索すると、いくつものサイトが出てくる。

そのうちの「ドナルド・トランプの文法・統語の誤り (Donald Trump’s grammar, syntax errors)」という記事では、次のような「間違い」を「最もイラっとする例」として糾弾している。

“I’m not unproud.” 自身のツイッターについて述べたものだが、「誇りに思っている」のか「誇りに思っていない」のか不明なので、二重否定を使わずI’m proud.かI’m not proud.にすべきである。
“Her and Obama created this huge vacuum.” 前政権のオバマ大統領とクリントン国務長官が巨大な空白地帯を作ったのでイスラム国が台頭したと非難したものだが、主語なので主格の代名詞を使いShe and Obamaにすべきである。
“No matter how good I do on something, they'll never write good.”「自分がどんなによいことをしても、メディアはよく書かない」というお決まりのマスコミ批判であるが、動詞を修飾するので形容詞ではなく副詞を用い、how well I doおよびwrite wellにすべきである。

これらはいずれも話し言葉ではよく見られる用例だが、規範文法としては「ら抜き言葉」の最たるもので、少なくとも英語国の大統領が公の発言で使うものではないとされる。

ビジネスでも規範文法基準が適用される

ひるがえって、日本人は英文法とどのようにつき合えばよいのだろうか。それには現在の英語力が大いに関係してくる。

まず、英検2級程度までならば、語順や時制のような意味に大きくかかわる文法項目を習得すべきである。英検準1級程度ならば、言葉の丁寧さ、話し言葉と書き言葉の使い分け、冠詞のような細かい正確さに磨きをかけるとよいだろう。

問題は英検1級以上の上級者である。語彙も文法的正確さも流暢さもあるので、留学時の志願書やエッセイ、ビジネスでのメールやプレゼンには、ネイティブスピーカーの規範文法基準が適用されることもある。

少なくとも、場をわきまえた英語使用ができて、得をすることは多々あっても、損をすることは決してない。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。