ウーバーが名古屋に上陸、タクシー配車開始

まずは「フジタクシー」と協業

 9月6日、米配車大手ウーバー・テクノロジーズは、名古屋でタクシー配車サービスを始めたと発表した。フジタクシーグループ(名古屋市)と協業する。写真は握手を交わすフジタクシーグループの代表の梅村氏とウーバー日本法人のモビリティ事業ゼネラルマネジャー、トム・ホワイト氏。名古屋で撮影(2018年 ロイター/Yoshiyasu Shida)

[名古屋 6日 ロイター] - 米配車大手ウーバー・テクノロジーズ[UBER.UL]は6日、名古屋でタクシー配車サービスを始めたと発表した。フジタクシーグループ(名古屋市)と協業する。同社はすでに兵庫県の淡路島で実証実験を行っているが、本格的な商用サービスは今回が初めて。

利用者がアプリで行き先を入力して配車を依頼すれば、近くにいるタクシーが迎えに行く仕組み。事前に登録したクレジットカードで決済されるため、降車時に料金を支払う必要はない。経路が表示されることから、行き先も説明しなくていい。

ウーバーはライドシェア(相乗り)サービスを世界各地で展開しているが、日本では「白タク」として原則禁止されており、事業展開は難しい。このため、同社はタクシーとの連携にかじを切っており、配車サービスでの全国展開を目指す。

会見したウーバー日本法人のモビリティ事業ゼネラルマネジャー、トム・ホワイト氏は日本での戦略について「タクシーと一緒にやっていく」と強調。「新しいイノベーションをタクシー業界に起していきたい」と意欲を示した。すでに「多くのタクシー会社と交渉している」という。

(志田義寧)

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • ブックス・レビュー
  • 北朝鮮ニュース
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。