ボルボ、「完全自動運転」コンセプト車を発表

300キロ内の輸送を想定

 9月5日、スウェーデンの自動車大手ボルボは、電気のみで走行する完全自動運転のコンセプト車「360c」を発表した。ヨーテボリテボリでお披露目された同車。提供写真(2018年 ロイター TT News Agency/Bjorn Larsson Rosvall via REUTERS )

[イエーテボリ 5日 ロイター] - スウェーデンの自動車大手ボルボは5日、電気のみで走行する完全自動運転のコンセプト車「360c」を発表した。

想定する利用を都市内の輸送に加え、300キロメートルまでの都市間の輸送に拡大。これにより短距離の航空輸送や鉄道輸送とも競争できるようにする。

米配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズは自動運転技術を搭載可能したボルボのスポーツタイプ多目的車(SUV)「XC90」を導入。だがXC90を使ったウーバーの自動運転車が死亡事故を起こしたことを受け、ウーバーは自動運転車の走行試験を中止した。

ボルボのホーカン・サムエルソン最高経営責任者(CEO)は、ウーバーとの提携関係は依然として有効と主張。ボルボは向こう2年間でウーバーに最大2万4000台を供給する予定だと説明した。

サムエルソン氏によると、ボルボはウーバーの運転手が乗車しないサービスの計画に合わせて特別に設計した自動運転車を提供する案件について協議している。

同氏は「これは、配車サービス業界が興味を示すと考えられる商品だ」と語った。

5日発表された360cの試作車は、XC90と同程度の大きさで、自動運転車であることを示すパネルを装備した設計となっている。

*写真を更新しました。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT