ECB、主要政策金利0.25%に

インフレ率の予想外の低下に対応

11月7日、欧州中央銀行は、主要政策金利を引き下げ0.25%とした。写真はフランクフルトの本部前で5日撮影(2013年 ロイター/REUTERS/Kai Pfaffenbach)

[フランクフルト 7日 ロイター] -欧州中央銀行(ECB)は7日、主要政策金利であるリファイナンス金利を25ベーシスポイント(bp)引き下げ、0.25%とした。

インフレ率の予想外の低下を受け、追加緩和によって、緩慢なペースでの景気回復を支援したい考え。

上限金利の限界貸出金利も25bp引き下げ、0.75%とした。

下限金利の中銀預金金利は0.0%に据え置いた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
アメリカの新常識<br>「バイデン勝利」で何が変わるか

コロナ対応をめぐって失点を重ねたトランプ大統領。各種調査では、再選は危うい状況になっています。バイデン氏の勝利によって、またもや米国は激変しそうです。待ち受ける政治・外交・経済の変化に加え、日本への影響や課題についても先読みします。

東洋経済education×ICT