ECB、主要政策金利0.25%に インフレ率の予想外の低下に対応

印刷
A
A
11月7日、欧州中央銀行は、主要政策金利を引き下げ0.25%とした。写真はフランクフルトの本部前で5日撮影(2013年 ロイター/REUTERS/Kai Pfaffenbach)

[フランクフルト 7日 ロイター] -欧州中央銀行(ECB)は7日、主要政策金利であるリファイナンス金利を25ベーシスポイント(bp)引き下げ、0.25%とした。

インフレ率の予想外の低下を受け、追加緩和によって、緩慢なペースでの景気回復を支援したい考え。

上限金利の限界貸出金利も25bp引き下げ、0.75%とした。

下限金利の中銀預金金利は0.0%に据え置いた。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT