アジア大会男子マラソンで日本人選手が金

1986年大会の中山竹通選手以来32年ぶり

 8月25日、ジャカルタ・アジア大会、男子マラソンで井上大仁(左)が2時間18分22秒で優勝し、金メダルを獲得した(2018年 ロイター/Darren Whiteside)

[25日 ロイター] - ジャカルタ・アジア大会は25日、陸上競技の男子マラソンを行い、井上大仁が2時間18分22秒で優勝し、金メダルを獲得した。日本選手が男子マラソンで金メダルを獲得したのは1986年大会の中山竹通選手以来32年ぶり。

井上はエルハッサン・エラバッシ(バーレーン)との競り合いをゴール直前で振り切った。

園田隼は2時間19分4秒で4位だった。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 中学受験のリアル
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。