アジア大会男子マラソンで日本人選手が金

1986年大会の中山竹通選手以来32年ぶり

 8月25日、ジャカルタ・アジア大会、男子マラソンで井上大仁(左)が2時間18分22秒で優勝し、金メダルを獲得した(2018年 ロイター/Darren Whiteside)

[25日 ロイター] - ジャカルタ・アジア大会は25日、陸上競技の男子マラソンを行い、井上大仁が2時間18分22秒で優勝し、金メダルを獲得した。日本選手が男子マラソンで金メダルを獲得したのは1986年大会の中山竹通選手以来32年ぶり。

井上はエルハッサン・エラバッシ(バーレーン)との競り合いをゴール直前で振り切った。

園田隼は2時間19分4秒で4位だった。

関連記事
トピックボードAD
  • 就職四季報プラスワン
  • 発達障害者と働く時代
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
買って良い街 悪い街

家は人生最大の買い物。購入後の大幅値下がりは後悔のもと。3大都市圏の割安な駅ランキング、519市区の「街の偏差値」を掲載。住宅情報誌ではわからない、後悔しない住まい選び。