バドミントン女子団体、日本が48年ぶり金

ジャカルタ・アジア大会で

 8月22日、ジャカルタ・アジア大会、バドミントン団体決勝で女子の日本は中国を3─1で破り1970年大会以来48年ぶりに金メダルを獲得した(2018年 ロイター/Beawiharta)

[22日 ロイター] - ジャカルタ・アジア大会は22日、バドミントン団体決勝を行い、女子の日本は中国を3─1で破り金メダルを獲得した。日本の優勝は1970年大会以来48年ぶり。

第1試合のシングルスは山口茜が敗れたが、第2試合のダブルスで福島由紀、広田彩花組が勝利。第3試合のシングルスで奥原希望が勝ち、第4試合のダブルスで高橋礼華、松友美佐紀組が勝利を収めた。

男子は中国がインドネシアを下し優勝した。日本は21日の準決勝でインドネシアに敗れて銅メダル。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。