バドミントン女子団体、日本が48年ぶり金

ジャカルタ・アジア大会で

 8月22日、ジャカルタ・アジア大会、バドミントン団体決勝で女子の日本は中国を3─1で破り1970年大会以来48年ぶりに金メダルを獲得した(2018年 ロイター/Beawiharta)

[22日 ロイター] - ジャカルタ・アジア大会は22日、バドミントン団体決勝を行い、女子の日本は中国を3─1で破り金メダルを獲得した。日本の優勝は1970年大会以来48年ぶり。

第1試合のシングルスは山口茜が敗れたが、第2試合のダブルスで福島由紀、広田彩花組が勝利。第3試合のシングルスで奥原希望が勝ち、第4試合のダブルスで高橋礼華、松友美佐紀組が勝利を収めた。

男子は中国がインドネシアを下し優勝した。日本は21日の準決勝でインドネシアに敗れて銅メダル。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT