バドミントン女子団体、日本が48年ぶり金

ジャカルタ・アジア大会で

 8月22日、ジャカルタ・アジア大会、バドミントン団体決勝で女子の日本は中国を3─1で破り1970年大会以来48年ぶりに金メダルを獲得した(2018年 ロイター/Beawiharta)

[22日 ロイター] - ジャカルタ・アジア大会は22日、バドミントン団体決勝を行い、女子の日本は中国を3─1で破り金メダルを獲得した。日本の優勝は1970年大会以来48年ぶり。

第1試合のシングルスは山口茜が敗れたが、第2試合のダブルスで福島由紀、広田彩花組が勝利。第3試合のシングルスで奥原希望が勝ち、第4試合のダブルスで高橋礼華、松友美佐紀組が勝利を収めた。

男子は中国がインドネシアを下し優勝した。日本は21日の準決勝でインドネシアに敗れて銅メダル。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 草食投資隊をフォローせよ
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。