スイスの「崖っぷちホテル」が経営者を募集

「一度は訪れたい世界の名所225選」の1つ

 8月20日、スイス北東のアッペンツェル地方にある切り立った崖っぷちに建つホテル兼レストランが、新しい経営者を募集している。31年間ここを切り盛りしてきた夫婦が、今年の観光シーズンを最後に引退するためだ。写真は2016年10月撮影(2018年 ロイター/Arnd Wiegmann)

[チューリヒ 20日 ロイター] - スイス北東のアッペンツェル地方にある切り立った崖っぷちに建つホテル兼レストランが、新しい経営者を募集している。31年間ここを切り盛りしてきた夫婦が、今年の観光シーズンを最後に引退するためだ。

この「エッシャー・ゲストハウス」は、ナショナル・ジオグラフィック誌が「一生のうち一度は訪れたい世界の名所225選」の中で紹介したことで有名になった。

現地メディアによると、ニコルさんとベルンハルトさんの現経営者夫妻は、崖っぷちに建っているため修繕にも制限があり、需要に対応できなくなったと説明している。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。