セクハラ告発女優、2013年に男性へ性暴行か

ロサンゼルス郡警察が被害者から事情聴取へ

 8月20日、米ロサンゼルス郡保安局は、セクハラ告発運動の立役者となったイタリア人女優アーシア・アルジェントさん(写真)から性暴力を受けたと米紙が報じた俳優から事情を聞くため、接触を試みていると明らかにした。写真は4月撮影(2018年 ロイター/Brendan McDermid)

[ロサンゼルス 20日 ロイター] - 米ロサンゼルス郡保安局は20日、セクハラ告発運動の立役者となったイタリア人女優アーシア・アルジェントさんから性暴力を受けたと米紙が報じた俳優から事情を聞くため、接触を試みていると明らかにした。

ニューヨーク・タイムズは19日付で、俳優のジミー・ベネットさんが17歳だった2013年に、37歳だったアルジェントさんから性暴力を受け、350万ドルの損害賠償を求めたが、38万ドル(約4200万円)の支払いで合意したと報じていた。

郡保安局は声明でベネットさんを名指ししていないが、「報じられた被害者やその代理人に接触し、犯罪行為の疑いに適切に対処するよう努力している」と述べた。

アルジェントさんは、米ハリウッドの大物プロデューサー、ハーベイ・ワインスタイン氏からのセクハラを公に告発した最初の女性のひとりで、#MeToo運動の中心人物となっていた。

アルジェントさんの代理人は20日、ロイターにメールで、アルジェントさんは21日にコメントを発表すると述べた。ベネットさんの弁護士はコメントに応じなかった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 埼玉のナゾ
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。