セクハラ告発女優、2013年に男性へ性暴行か

ロサンゼルス郡警察が被害者から事情聴取へ

 8月20日、米ロサンゼルス郡保安局は、セクハラ告発運動の立役者となったイタリア人女優アーシア・アルジェントさん(写真)から性暴力を受けたと米紙が報じた俳優から事情を聞くため、接触を試みていると明らかにした。写真は4月撮影(2018年 ロイター/Brendan McDermid)

[ロサンゼルス 20日 ロイター] - 米ロサンゼルス郡保安局は20日、セクハラ告発運動の立役者となったイタリア人女優アーシア・アルジェントさんから性暴力を受けたと米紙が報じた俳優から事情を聞くため、接触を試みていると明らかにした。

ニューヨーク・タイムズは19日付で、俳優のジミー・ベネットさんが17歳だった2013年に、37歳だったアルジェントさんから性暴力を受け、350万ドルの損害賠償を求めたが、38万ドル(約4200万円)の支払いで合意したと報じていた。

郡保安局は声明でベネットさんを名指ししていないが、「報じられた被害者やその代理人に接触し、犯罪行為の疑いに適切に対処するよう努力している」と述べた。

アルジェントさんは、米ハリウッドの大物プロデューサー、ハーベイ・ワインスタイン氏からのセクハラを公に告発した最初の女性のひとりで、#MeToo運動の中心人物となっていた。

アルジェントさんの代理人は20日、ロイターにメールで、アルジェントさんは21日にコメントを発表すると述べた。ベネットさんの弁護士はコメントに応じなかった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。