ジェノバで高架橋崩落、少なくとも35人死亡

現場は激しい雨に見舞われていた

 8月14日、イタリア・ジェノバで高速道路の橋が崩落し、少なくとも22人が死亡した。写真は現場で同日撮影(2018年 ロイター/Stefano Rellandini)

[ジェノバ 14日 ロイター] - イタリア北部ジェノバで14日、高速道路の高架橋が約80メートルにわたって崩落し、ANSA通信によると、少なくとも35人が死亡した。現場は激しい雨に見舞われていたという。

崩落した高架橋は高さ約50メートルで、自動車35台が巻き込まれた。がれきは工場や他の建造物の上や川に落下し、ソーシャルメディアにはがれきの下敷きになったトラックの写真が投稿された。

サルビーニ内相は「このような惨事は受け入れがたい」とした上で、責任の所在を明らかにするつもりだと述べた。高架橋は1960年代後半に建設。トニネッリ運輸相は保守点検が行われていなかった可能性があるとした。

*内容を追加して再送します。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • コロナショックの大波紋
  • おとなたちには、わからない
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。