JT、「プルーム・テック」1箱30円の値上げ申請

1箱460円が490円に

 8月14日、JTは、加熱式たばこ「プルーム・テック」の専用たばこ全銘柄の1箱30円の値上げを財務省に申請したと発表した。写真はプルーム・テックのロゴ。都内で昨年5月撮影(2018年 ロイター/Issei Kato)

[東京 14日 ロイター] - JT<2914.T>は14日、加熱式たばこ「プルーム・テック」の専用たばこ全銘柄の1箱30円の値上げを財務省に申請したと発表した。「プルーム・テック」は1箱460円が490円になる。また、紙巻きたばこについては、「メビウス」や「ナチュラルアメリカンスピリット」などで1箱40円の値上げを申請した。

これは、10月に実施されるたばこ増税に伴うもの。財務省からの認可が得られれば、10月1日から実施する。

「プルーム・テック」は、1箱30.89円の増税額に対し、1箱30円の値上げ。「メビウス」は1箱20円の増税額に対し、販売数量減のなかでの今後のコスト上昇などを踏まえ、1箱40円の値上げとなった。

フィリップ・モリス・インターナショナル<PM.N>は、「マールボロ・ボックス」など紙巻きたばこは1箱50円、「アイコス」の専用たばこ(ヒートスティック)は1箱40円の値上げを申請している。「アイコス」専用たばこは、現行の460円が500円になる。

(清水律子)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT