JT、「プルーム・テック」1箱30円の値上げ申請

1箱460円が490円に

 8月14日、JTは、加熱式たばこ「プルーム・テック」の専用たばこ全銘柄の1箱30円の値上げを財務省に申請したと発表した。写真はプルーム・テックのロゴ。都内で昨年5月撮影(2018年 ロイター/Issei Kato)

[東京 14日 ロイター] - JT<2914.T>は14日、加熱式たばこ「プルーム・テック」の専用たばこ全銘柄の1箱30円の値上げを財務省に申請したと発表した。「プルーム・テック」は1箱460円が490円になる。また、紙巻きたばこについては、「メビウス」や「ナチュラルアメリカンスピリット」などで1箱40円の値上げを申請した。

これは、10月に実施されるたばこ増税に伴うもの。財務省からの認可が得られれば、10月1日から実施する。

「プルーム・テック」は、1箱30.89円の増税額に対し、1箱30円の値上げ。「メビウス」は1箱20円の増税額に対し、販売数量減のなかでの今後のコスト上昇などを踏まえ、1箱40円の値上げとなった。

フィリップ・モリス・インターナショナル<PM.N>は、「マールボロ・ボックス」など紙巻きたばこは1箱50円、「アイコス」の専用たばこ(ヒートスティック)は1箱40円の値上げを申請している。「アイコス」専用たばこは、現行の460円が500円になる。

(清水律子)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。