JT、「プルーム・テック」1箱30円の値上げ申請

1箱460円が490円に

 8月14日、JTは、加熱式たばこ「プルーム・テック」の専用たばこ全銘柄の1箱30円の値上げを財務省に申請したと発表した。写真はプルーム・テックのロゴ。都内で昨年5月撮影(2018年 ロイター/Issei Kato)

[東京 14日 ロイター] - JT<2914.T>は14日、加熱式たばこ「プルーム・テック」の専用たばこ全銘柄の1箱30円の値上げを財務省に申請したと発表した。「プルーム・テック」は1箱460円が490円になる。また、紙巻きたばこについては、「メビウス」や「ナチュラルアメリカンスピリット」などで1箱40円の値上げを申請した。

これは、10月に実施されるたばこ増税に伴うもの。財務省からの認可が得られれば、10月1日から実施する。

「プルーム・テック」は、1箱30.89円の増税額に対し、1箱30円の値上げ。「メビウス」は1箱20円の増税額に対し、販売数量減のなかでの今後のコスト上昇などを踏まえ、1箱40円の値上げとなった。

フィリップ・モリス・インターナショナル<PM.N>は、「マールボロ・ボックス」など紙巻きたばこは1箱50円、「アイコス」の専用たばこ(ヒートスティック)は1箱40円の値上げを申請している。「アイコス」専用たばこは、現行の460円が500円になる。

(清水律子)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。