全国のホテルに波及、メニュー偽装の根因

関西の名門に端を発した大騒動。業界は戦々恐々

「偽装と指摘されても仕方ない」。阪急阪神ホテルズ系列のレストランでメニュー表示と異なる食材を使っていた問題。出崎弘社長(当時)は10月28日、それまでかたくなに否定してきた偽装の一部を認め、辞任を表明した。関西の名門で起きたメニュー“誤表示”問題は、新体制下で収拾を図ることになる。

ただ、今回の騒動を振り返ると、結局、何が根本的な原因だったのか、判然としないままだ。

会社側は当初、各ホテルのサービス、調理部門の連携不足や表示の重要性への理解不足を主因に挙げた。組織再編に伴う「風通しの悪い職場風土」(出崎氏)も背景にあったと指摘した。一方で、一部のメニューは納入業者に問題があったとするなど、メニューごとに説明が異なった。「採算のために組織的にやっているのではないか」(高級レストラン幹部)との見方は消えず、根本的な原因も明らかにならない中、事態は幕引きに向かっているように映る。

あいまいな表示ルール

「根因はメニュー表示の難しさに行き着く」。あるホテル幹部はそう話す。メニュー表示は現物より著しく優良と消費者に誤解させた場合、景品表示法の「優良誤認」とされ、措置命令が出される場合がある。だが、その判定に明確な基準はない。

今回の問題を受け、各地のホテルやレストランであらためて調査を行ったところ、近鉄ホテルシステムズ系列のホテル、JR四国の子会社が運営するホテルなど、全国で同様のケースが相次いだ。線引きのあいまいさが、メニューの過剰表現のベースにあるとの指摘は根強い。

しかし、別のホテル関係者は「2006年ごろから食の安全意識が高まり、多くのホテルは対応を強化してきた。メニュー表示がほったらかしになるなど基本的にありえない」と語る。阪急阪神ホテルズはこれまで、メニューのチェック体制を整えていなかった。ルールがあいまいな中、「より厳格に社内に基準を作る必要がある」(ホテル関係者)という意識の欠如が今回の事態を招いた。

さらに世間から批判を浴びたのが出崎氏の対応だった。初めて誤表示を公表した10月22日の会見には出席せず、以後の会見でも、「偽装でなく誤表示」と繰り返した。危機管理専門家の土屋達彦氏は「偽装かどうかは客が判断すること。基本姿勢が欠けている」と指摘。出崎氏自身、最後の会見で「説明が会社サイドに立っていて、本当に謝っているのかと言われたことを最も反省している」と述べた。顧客を甘く見たことが、結局は高い代償を招いた。

週刊東洋経済2013年11月9日号

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT