石破茂氏、「ひょっとして」大旋風はあるのか

善戦のためにカギを握るのは地方党員票

8月10日、総裁選への出馬を正式表明する石破茂元自民党幹事長(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)

石破茂元自民党幹事長は8月10日に国会内で記者会見し、9月20日に行われる自民党総裁選に立候補する意向を表明した。この日が出馬会見の日として選ばれたのは、同日発売の『文藝春秋』9月号に石破氏が寄稿した「安倍総理よ、命を懸けて私は闘う」が掲載されているからだろう。

もっとも当初予定された会見場は、想定以上に多数の取材陣が押し掛けたために、急いでより広いホールに変更されている。しかしこれは嬉しい誤算といえる。そのせいだろうか。開始予定10分前に会場に到着した石破氏は、いつもよりやや緊張して見えた。

「正直、公正、石破茂」

「正直で公正、謙虚で丁寧な政治を作りたい」。石破氏が発したこの第一声は、総裁選のキャッチコピーである「正直、公正、石破茂」そのものだった。配布されたビラにも会見のひな壇の背景にも、これらの文字が躍っていた。

こちらが立憲民主党の背景看板(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)

記者の間から「あの背景看板、野党に似てないか」との感想が漏れ聞こえた。確かに白と青の市松模様の中に文字が組み込まれており、立憲民主党の枝野幸男代表の会見の背景看板にそっくりだ。

そればかりではない。会見で配布されたのは政策集ではなくビラ1枚だったが、それに書かれた文言も野党の主張に酷似していた。

次ページ政権選択選挙のようなフレーズを連発
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT