SECがJPモルガン調査、為替取引などめぐり

JPモルガンが、当局に提出した文書で明らかに

11月1日、米JPモルガン・チェースは米司法省や他の政府機関が同社の香港における採用慣行や為替取引について調査を行っていることを明らかに。写真はロンドンの同社オフィス。9月撮影(2013年 ロイター/Neil Hall)

[1日 ロイター] -米金融大手JPモルガン・チェースは1日、米司法省や他の政府機関が同社の香港における採用慣行について調査を行っていることを明らかにした。

SECに提出した四半期報告書で明らかにした。

同問題をめぐっては米証券取引委員会(SEC)がすでに調査に着手している。

また、同社の為替取引をめぐり、複数の関連当局が調査を進めていることも明らかにした。調査は初期段階にあるという。

そのほか、巨額ねずみ講事件で服役中のマドフ受刑囚との関係について追加情報を当局に提供したことも明らかになった。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT