意外と進んでいて驚く北朝鮮「スマホ事情」

アマゾンのような通販サービスも

北朝鮮では携帯契約者の4割がスマホを利用しているという(写真:北朝鮮ニュース)

北朝鮮で携帯電話が広く手に入るようになったのは、今から10年前。以来、携帯電話の利用者数は大きく増えてきた。全体の利用はまだ低いレベルにとどまってはいるが、ある北朝鮮国営メディアの報道によると2500万人の総人口のうち携帯電話の契約者数は今年1月時点で350万人を上回っていたとされる。

同国営メディアは、北朝鮮でスマートフォンを展開する「アリラン」のハン・ジョンニェ氏が平壌の未来科学者通りにあるITセンターで次のように語ったと伝えている。「北朝鮮で3G回線が導入されたのは2008年12月。3Gは今年で10周年を迎える」「携帯電話の需要は伸び続けている」。

携帯契約者の4割がスマホを使っている

携帯電話の実際の契約者数については、さまざまな見方が混在している。ただ、複数の専門家によれば、契約者数はすでに500万人に迫り、このうち約4割がスマートフォンを利用しているという。

本記事はNK News(北朝鮮ニュース)の翻訳記事です

前出の国営メディアには、「ショートメール、アドレス帳、音声認識といった各種機能に加えて、デザイン面もスマホの訴求ポイントになっている」というアリランのハン氏によるコメントが引用されている。「3G回線のサービスが始まってから、料理や長寿の秘訣、病気の治療方法などに関する各種アプリが開発され、ユーザーの学習や生活に役立ってきた。年齢や性別に関係なく遊べるゲームアプリもある」とハン氏は述べている。

もちろん、北朝鮮のスマホ利用者は世界に広がるインターネットにアクセスすることはできない。利用できるのは、国が管理している閉じられたイントラネットだけだ。

各種報道によると、北朝鮮ではゲームからショッピングに至るまで、さまざまなアプリが利用可能になっているという。また、複数の北朝鮮国営メディアは、これらアプリが北朝鮮で独自に開発された点を強調している。

北朝鮮国営メディアが伝えるところでは、北朝鮮の人々はスマホでゲームをしたり、電子書籍を読んだり、音楽を聴いたり、カラオケを楽しんだり、料理について学んだりしているようだ。農作物の収量を向上させるための農家用アプリも存在する。電子書籍リーダーとネットフリックス的な動画配信を組み合わせたような「マイコンパニオン」が人気アプリの1つだ。

次ページ脱北者が語るスマホの使い道
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
米国で「電動スケーター」が沸騰

「電動キックスケーター」のシェアサービスが、渋滞解消への期待を集めている。 乗り捨て自由、GPS搭載だからアプリで場所がわかる。ウーバーがベンチャーに出資、投資熱も高い。