ベトナム新名所、斬新デザインに観光客続々

巨大な手が橋支える

 8月1日、ベトナム中部のダナンにあるバ・ナ・ヒルズに先月完成した新名所を多数の観光客が訪れている。この「ゴールデン・ブリッジ」は巨大な手が橋を持ち上げている斬新なデザインで、橋を渡ると断崖の上を歩く形になる(2018年 ロイター/Kham)

[ダナン(ベトナム) 1日 ロイター] - ベトナム中部のダナンにあるバ・ナ・ヒルズに先月完成した新名所を、多数の観光客が訪れている。この新名所「ゴールデン・ブリッジ」は巨大な手が橋を持ち上げている斬新なデザインで、橋を渡ると断崖の上を歩く形になる。

ハノイから訪れた観光客は、「雲の上を歩いているような感じ」と話した。

設計を手がけた企業の担当者は、橋のデザインは「神の巨大な手」をイメージさせるものと説明。内外からの注目度の高さに驚いていると付け加えた。

観光当局によると、昨年270万人を超える観光客がバ・ナ・ヒルズを訪れた。

関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。