YouTubeが日本などで独自作品を作るワケ

有料サービスの加入者拡大を目指す計画

 7月27日、米グーグル傘下の動画投稿サイト「ユーチューブ」は、フランス、ドイツ、日本、メキシコ、インドなどで、海外向けのオリジナル作品を製作し、有料サービスの加入者拡大を目指す計画だ。ユーチューブのオリジナル作品のグローバル部門代表、スーザン・ダニエルズ氏(写真)がインタビューで明らかにした。5月1日撮影(2018年 ロイター/Mike Blake)

[ビバリーヒルズ 27日 ロイター] - 米グーグル傘下の動画投稿サイト「ユーチューブ」は、フランス、ドイツ、日本、メキシコ、インドなどで、海外向けのオリジナル作品を製作し、有料サービスの加入者拡大を目指す計画だ。ユーチューブのオリジナル作品のグローバル部門代表、スーザン・ダニエルズ氏が27日にインタビューで明らかにした。

「YouTube Premium」で配信する計画

音楽ドキュメンタリーやリアリティーショー、トークショーなどの作品を現地語で製作し、海外向けに字幕を付けたり吹き替え版を製作したりする。一部は、広告非掲載の有料サービス「YouTube Premium」で配信する計画という。

韓国やインドでは既にオリジナル作品が配信されている。ダニエルズ氏によると、ヒンディー語のクリケットのトークショー「UnCricket」は予想以上に人気がある。また、韓国のアイドルグループ「BIGBANG(ビッグバン)」のリアリティーショーも視聴者数を押し上げ、新規視聴者の50%は海外の視聴者だと説明した。

「視聴者の大幅増が見込める市場にターゲットを合わせている」とし、数週間以内に海外向け作品の詳細を明らかにすると語った。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
GAFA全解剖<br>あらゆる産業をのみ込む4巨人

グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンの頭文字をとったGAFA(ガーファ)。もはやこの4社の名前を聞かない日はない。あらゆる産業や社会生活に影響を及ぼすデータ独占4巨人。その実力と戦略を解明する。