YouTubeが日本などで独自作品を作るワケ

有料サービスの加入者拡大を目指す計画

 7月27日、米グーグル傘下の動画投稿サイト「ユーチューブ」は、フランス、ドイツ、日本、メキシコ、インドなどで、海外向けのオリジナル作品を製作し、有料サービスの加入者拡大を目指す計画だ。ユーチューブのオリジナル作品のグローバル部門代表、スーザン・ダニエルズ氏(写真)がインタビューで明らかにした。5月1日撮影(2018年 ロイター/Mike Blake)

[ビバリーヒルズ 27日 ロイター] - 米グーグル傘下の動画投稿サイト「ユーチューブ」は、フランス、ドイツ、日本、メキシコ、インドなどで、海外向けのオリジナル作品を製作し、有料サービスの加入者拡大を目指す計画だ。ユーチューブのオリジナル作品のグローバル部門代表、スーザン・ダニエルズ氏が27日にインタビューで明らかにした。

「YouTube Premium」で配信する計画

音楽ドキュメンタリーやリアリティーショー、トークショーなどの作品を現地語で製作し、海外向けに字幕を付けたり吹き替え版を製作したりする。一部は、広告非掲載の有料サービス「YouTube Premium」で配信する計画という。

韓国やインドでは既にオリジナル作品が配信されている。ダニエルズ氏によると、ヒンディー語のクリケットのトークショー「UnCricket」は予想以上に人気がある。また、韓国のアイドルグループ「BIGBANG(ビッグバン)」のリアリティーショーも視聴者数を押し上げ、新規視聴者の50%は海外の視聴者だと説明した。

「視聴者の大幅増が見込める市場にターゲットを合わせている」とし、数週間以内に海外向け作品の詳細を明らかにすると語った。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT