子供が「嘘」をブレストする道徳授業の即効性

答えが出ないのも1つの答えなのだと学ぶ

授業を行った榮教諭は、子供たちの意見を引き出すため積極的に発問した(撮影:森康志)

授業を行った榮亜耶教諭自身にも、新たな発見があったようだ。

「普段の道徳の授業では大人が望む『正解』を答えようとする子供たちも、今回の授業では本音で意見を交わしてくれたのが収穫でした。算数のように明確な答えのない道徳の授業は、どの子供でも意見が出しやすいようです。たとえどんな意見を言おうとも、決して間違いではないですからね」

戸田第一小では、今後も『どう解く?』を使った道徳の授業を行うという。

学校現場からの反応を受け、同書を刊行したポプラ社は特設サイトで、教材向けに加工した13の問いかけやワークシートを順次公開するという。

「答えが出ないのも、1つの答え」

『答えのない道徳の問題 どう解く?』(ポプラ社)書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします

「食べていい動物と、食べちゃいけない動物の違いってなんだろう?」

「どうして正義のヒーローは、悪者を殴っていいんだろう?」

『どう解く?』はそんな親子の対話のきっかけになるかもしれない。

本書には谷川さん以外にも、棋士の羽生善治さん、卓球選手の水谷隼さん、旭山動物園園長の坂東元さん、タレントのミッツ・マングローブさん、エッセイストの平松洋子さん、能町みね子さんと、多彩な執筆陣が登場する。

教育に詳しいジャーナリストの池上彰さんや増田ユリヤさんをはじめ、教育評論家の尾木直樹さん、教育学者の汐見稔幸さん、作家・社会学者の大野更紗さんも参加している。

さらに、『ズッコケ三人組』の作者である那須正幹さんまで名を連ねる。

人の生き方はそれぞれ違い、そこに正解はない。それと同じように、「答えが出ないのも、1つの答え」なのである。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。