マツダ社長「株主への復配できていない」

賃金の引き上げ以前にやることが……

10月31日、マツダの小飼雅道社長は、政府が要請している次の春闘での賃上げについて「賃金引き上げ以前に株主への復配ができていない」と語った。写真は9月、都内で撮影(2013年 ロイター/Issei Kato)

[東京 31日 ロイター] -マツダ<7261.T>の小飼雅道社長は31日の決算会見で、政府が要請している次の春闘での賃上げについて「賃金引き上げ以前に株主への復配ができていない」と語った。

マツダはリーマン・ショック後に経営状況が悪化し、株主への配当は2010年3月期を最後に行っていない。小飼社長は、現行の中期経営計画の利益目標を達成することで、復配にこぎつけたいとの考えを示した。

人気記事
トピックボードAD
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • Tリーグ成功への道のり
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。