マツダ社長「株主への復配できていない」

賃金の引き上げ以前にやることが……

10月31日、マツダの小飼雅道社長は、政府が要請している次の春闘での賃上げについて「賃金引き上げ以前に株主への復配ができていない」と語った。写真は9月、都内で撮影(2013年 ロイター/Issei Kato)

[東京 31日 ロイター] -マツダ<7261.T>の小飼雅道社長は31日の決算会見で、政府が要請している次の春闘での賃上げについて「賃金引き上げ以前に株主への復配ができていない」と語った。

マツダはリーマン・ショック後に経営状況が悪化し、株主への配当は2010年3月期を最後に行っていない。小飼社長は、現行の中期経営計画の利益目標を達成することで、復配にこぎつけたいとの考えを示した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。