マツダが好調、営業益は前年比3倍へ

14年3月期営業利益は1600億円見込む

10月31日、マツダは、2014年3月期の連結営業利益予想を前年比196.6%増の1600億円に上方修正すると発表した。写真は3月、都内で撮影(2013年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 31日 ロイター] -マツダ<7261.T>は31日、2014年3月期の連結営業利益予想を前年比3.0倍の1600億円に上方修正すると発表した。利益率の高い新型車の販売が伸びたほか、為替の円安が寄与した。従来予想の1200億円に比べ、33.3%の上方修正となる。

前年に比べて販売台数の増加と車種構成の改善が620億円、為替の円安が900億円、コスト改善が157億円の増益要因となり、販売費用の増加などを吸収する。

通期の連結売上高予想は前年比20.2%増の2兆6500億円(従来予想は2兆4800億円)、連結当期利益予想は同2.9倍の1000億円(同700億円)にそれぞれ引き上げた。

マツダは16年3月期を最終年度とする中期計画で、世界販売台数170万台、連結営業利益1500億円、売上高営業利益率6%以上を目標に掲げている。業績予想の修正で、販売台数以外の目標達成が視野に入ってきたが、小飼雅道社長は中期計画について「見直さなければならない」との認識を示した。

14年3月期の世界販売計画は前年比8.1%増の133万5000台で据え置いた。第3・四半期以降、4年ぶりに全面改良して発売した新型「アクセラ」を北米に続き、欧州、日本、オーストラリアなどに順次投入していく。

13年4―9月期の連結営業利益は前年同期比6.4倍の739億円。販売台数の増加と車種構成の改善が213億円、為替の円安が603億円、コスト改善が107億円の増益要因となった。

4─9月期の世界販売台数は前年比3.0%増の63万1000台。スポーツ多目的車(SUV)「CX─5」や乗用車「アテンザ」がけん引した。地域別では、中国やタイが減少したもの、北米、欧州などが増加。日本も前年並みを確保した。

小飼社長は、政府が要請している次の春闘での賃上げについて「賃金引き上げ以前に株主への復配ができていない」と述べた。マツダはリーマン・ショック後に経営状況が悪化し、株主への配当は2010年3月期を最後に行っていない。中期計画の利益目標を確実に達成することで、復配にこぎつけたい考えだ。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT