後継者不在の会社は売却が廃業より得なワケ

事業はもちろん雇用や取引も次代に残せる

たたんでしまうよりも売ったほうがいい5つの理由を解説します(写真:CORA / PIXTA)

2017年版「中小企業白書」(中小企業庁)によると、日本には株式会社、有限会社、個人事業主などを合わせた事業者の数が、約382万社あるといわれています。そして、この382万社には382万人の社長が存在し、これらの社長にいずれ必ず訪れるのが、次世代への経営の引き継ぎ、すなわち「事業承継」の問題です。

一方で、多くの中小企業において後継者が決まっていない現実があります。経済産業省の調査によると、2025年までに70歳以上のリタイア適齢期を迎える中小企業の社長は約245万人いますが、その約半数に当たる約127万人の社長は「後継者未定」と回答しています。

つまり、このままいくと日本は、2025年には127万社の中小企業が廃業するかもしれないという大廃業時代を迎えます。仮に2025年までに毎年同じペースで廃業したとすると、なんと毎年約18万社もの中小企業が廃業していくことになります。

現在の廃業数は年間約3万社といわれていますから、一気に6倍ものペースで廃業が進みます。しかも廃業の危機にある127万社のうち、半数以上の会社は黒字の健全経営の会社といわれており、日本の中小企業が置かれている状況は、異常事態にあります。

「倒産」と「廃業」は違う

拙著『後継者不在の問題は、ネットで解決! 会社は、廃業せずに売りなさい』でも詳しく解説しており、意外と正しく理解をされていないことが多いのですが、倒産と廃業はまったく異なります。倒産とは、一般的には借入金や買掛金などの債務を返せなくなる状態のことで、資金繰りに困窮して経営が破綻することをいいます。

一方、廃業は経営状態に関係なく、会社をたたむなど自主的に事業運営をやめることをいいます。倒産は社長の自主性に関係なく発生するのに対して、廃業は社長が自主的に行うという点に大きな違いがあります。

次ページ廃業は、意外と大変!
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT