中国四川省の化学工場で爆発、19人が死亡

食品・医薬品向け化学品の工場だった

 7月13日、中国四川省宜賓市江安県にある宜賓恒達科技の化学工場で12日夕、爆発が発生し、19人が死亡、12人が負傷した。提供写真(2018年 ロイター/China Daily)

[北京/上海 13日 ロイター] - 中国四川省宜賓市江安県にある宜賓恒達科技の化学工場で12日夕、爆発が発生し、19人が死亡、12人が負傷した。地元当局が発表した。爆発の原因はわかっていない。

新華社によれば負傷者の状態は安定しているという。また捜査も開始されたという。

宜賓恒達科技は食品・医薬品業界向けの化学品を製造している。現時点で同社からのコメントは得られていない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT