中国四川省の化学工場で爆発、19人が死亡

食品・医薬品向け化学品の工場だった

 7月13日、中国四川省宜賓市江安県にある宜賓恒達科技の化学工場で12日夕、爆発が発生し、19人が死亡、12人が負傷した。提供写真(2018年 ロイター/China Daily)

[北京/上海 13日 ロイター] - 中国四川省宜賓市江安県にある宜賓恒達科技の化学工場で12日夕、爆発が発生し、19人が死亡、12人が負傷した。地元当局が発表した。爆発の原因はわかっていない。

新華社によれば負傷者の状態は安定しているという。また捜査も開始されたという。

宜賓恒達科技は食品・医薬品業界向けの化学品を製造している。現時点で同社からのコメントは得られていない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。