中国四川省の化学工場で爆発、19人が死亡

食品・医薬品向け化学品の工場だった

 7月13日、中国四川省宜賓市江安県にある宜賓恒達科技の化学工場で12日夕、爆発が発生し、19人が死亡、12人が負傷した。提供写真(2018年 ロイター/China Daily)

[北京/上海 13日 ロイター] - 中国四川省宜賓市江安県にある宜賓恒達科技の化学工場で12日夕、爆発が発生し、19人が死亡、12人が負傷した。地元当局が発表した。爆発の原因はわかっていない。

新華社によれば負傷者の状態は安定しているという。また捜査も開始されたという。

宜賓恒達科技は食品・医薬品業界向けの化学品を製造している。現時点で同社からのコメントは得られていない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 埼玉のナゾ
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。